良い市場参入アプローチとは何でしょうか?

米国、欧州、中国に次ぐ第4位の市場であるラテンアメリカへの参入は、大きなチャンスとリスクを伴います。

まず、次の点を考慮することが重要です。

  • 全体的な目標 – 例:市場浸透、売上、利益率の向上
  • あなたのターゲット顧客は誰で、何人いるのでしょうか?
  • 目標をどのように達成するか、つまり、あなたの計画は何ですか? – 何をしますか、どのようにしますか?
  • 外部からの支援の必要性 — 例えば、その市場に精通している現地のパートナー、コンサルティング会社、銀行、市場調査会社はありますか?

たとえ自国や本質的に自国と似た市場でビジネスを行うことに慣れていたとしても、新しい市場や地域に参入するのは常に困難です。しかし、別の大陸やその一部に参入する場合は、さらに一連の問題が発生する可能性があります。

ラテンアメリカについて、あなたはどれくらい知っていますか?また、他に何を知る必要がありますか?

ラテンアメリカ市場に参入する前に、考え、対処し、できる限り最善の答えを出すためのアイデアをいくつか紹介します。

  • – 地図では、メキシコから南東に向かい、アルゼンチンからベネズエラまで、26 か国または属領が Wikipedia によって数えられています。どの国があなたの目的を達成する可能性が最も高いでしょうか?
  • 言語 – ブラジルの公用語はポルトガル語で、その人口はラテンアメリカの人口の 3 分の 1 を占めています。スペイン語はほぼどこでも話されており、フランス語はいくつかの島で使用されています。マーケティング メッセージを 1 つ以上の言語で作成する必要がある場合、どのような影響がありますか?
  • 人口/市場規模 –まずは最大の市場から始める予定ですか、それとも試験的に小さな市場から始める予定ですか、それとも地域全体に進出する予定ですか?
  • 政治・経済情勢 – ビジネスを行うのに安全な場所ですか? つまり、政府と経済はどの程度安定していますか? 御社は、さまざまな法律、規制、政策、関税、義務をどの程度理解していますか?
  • 文化 – 国が多ければ文化の多様性も大きく、それがメッセージの受け入れ方や製品やサービスの認識に影響を与える可能性があります。
  • インフラストラクチャー – 独自の製造拠点を設立するかどうかにかかわらず、商品はどのように配布されるのでしょうか? これらの決定にさらに影響を与える可能性のある山脈、ジャングル、川がいくつかあります。
  • 雇用/一人当たり所得 – 地元の人を雇用する必要があるかどうかにかかわらず、最初の統計を知っておくことは有用です。また、潜在的な売上を計画する際には、人々がどれだけの可処分所得を持っているかを知ることが重要です。
  • 気候 – ラテンアメリカの北部は赤道に近く、非常に暑い一方、南端の気温は氷点下になることが多いため、天候は衣類、飲料、車両、その他多くの製品に大きな影響を与える可能性があります。また、南半球の季節は北半球(米国やヨーロッパなど)の季節と逆であることも覚えておく価値があります。
  • 外国為替および通貨問題 – ラテンアメリカで使用されている通貨の一部は同じ名前(ペソ、ドルなど)を持っていますが、米ドルまたはユーロでの価値は異なるため、この市場での生産コスト、価格設定、純利益に特別な注意を払う必要があります。

リサーチをしましょう

国内の新たな市場に参入するには、検討して克服すべき課題やハードルがありますが、新しい国には一連の独特な状況があります。市場参入プロセスを通じてアドバイスやガイドを提供できる、公平で客観的な企業の支援を受けて、こうした拡大に取り組むのが賢明です。

ある時点で、各言語でのメッセージと意味をテストし、製品の潜在的な受容性、ニーズ、購入意向を判断するために市場調査を行う必要があります。

  • SIS Market Researchは、次のような点でお客様をサポートします。
    • 市場の調査
    • あなたの製品に需要があるかどうかを判断する
    • 競合他社、そのメッセージ、価格を特定する
    • 潜在的売上の見積り
    • 完全なエントリーの前に潜在的な問題を特定する
    • より情報に基づいた意思決定

SIS International Research は、国際的な経験を持つ市場調査サプライヤーの特定をお手伝いします。オンライン アンケート、インタビュー、フォーカス グループの実施だけでなく、二次調査もお手伝いします。

ラテンアメリカでの次回の市場参入調査プロジェクトについては、当社にお問い合わせください。