Y 世代は不況で最も打撃を受けた世代の 1 つです。驚くべきことに、この世代は楽観的です。Experience による最近の調査によると、米国の Y 世代の回答者の 50% が、自分の仕事の見通しは楽観的であると考えています。Experience の調査では、25% がメディアが過度に否定的な仕事の見通しを伝えていると考えていることも示されています。機会不足によりキャリア開発が損なわれると考えているのは 3 分の 1 にすぎません。驚くべきことに、Y 世代の約 30% だけが、仕事の安定のためにもっと長時間働き、より多くのプロジェクトを引き受けるべきだと考えています。

ジェネレーションYの若者はどんな業界に興味を持っているのでしょうか?

米国の若者 6700 人を対象にした世論調査によると、Experience は回答者に最も関心のある業界について尋ねました。上位の業界はテクノロジー (48%) とニューメディア (40%) でした。コンサルティングは 30% で 3 位となり、製薬、広告、銀行 (20%) を上回りました。ジェネレーション Y は銀行業界が厳しい状況にあることは理解しているかもしれませんが、コンサルティング業界 (彼らの第 3 の選択肢) が厳しい状況にあることに気付いていない可能性があります。一部の専門コンサルティング業界は 60% 以上減少し、一部のコンサルタント会社は銀行よりもはるかに悪い状況にあります。多くのコンサルタント会社が大規模なレイオフを行っています (IBM など)。これらのコンサルタント会社の多くは、米国で専門家を再雇用する予定はほとんどなく、今後二度と再雇用する予定もありません。多くのジェネレーション Y は、銀行が少なくともトップクラスのビジネス スクールの学生を何人か雇用している一方で、トップクラスのコンサルティング会社の多くが大規模な全社的な採用凍結を行っていることに気付いていません (最大規模で最も権威のある経営コンサルタント会社もいくつか含まれています)。

 

教育市場調査、米国教育調査、