市場調査用語集

市場調査用語集

A B          デフ          H          J              ま    いいえ          PQ     R          T     あなた          幅X高さZ

アクセス可能な人口

アクセス可能な人口とは、対面インタビューや調査のために簡単に募集できる人口統計です。アクセス可能な人口は通常、都市部の人口から抽出されます。

アドホックレポート

アドホック レポートは、特定の問題に対する回答を提供するために特別に設計されたレポートであり、通常は十分な情報が入手できない場合に実行されます。

広告トラッキングレポート

広告追跡レポートは、広告キャンペーンの効果の評価に関するデータを提示するために使用されるレポートです。

取得

買収とは、株式の購入や実質的な交換を通じて会社や法人を買収する行為です。買収される会社は「対象会社」と呼ばれます。

広告テスト

広告テストとは、特定の市場における広告の有効性、認知度、ターゲット設定のみに焦点を当てた手法を指します。一連の選択肢から最も効果的な広告を選択するために、設計段階で最も頻繁に使用されます。

広告調査

広告調査は、広告の効率性を高めるために行われる調査の一種であり、さまざまな調査手法があります。このタイプの調査では、広告の一般的な用語や問題、消費者が広告からの情報をどのように認識するかなど、広告に関するさまざまな問題に焦点を当てることができます。

集計

集計とは、完全な量またはすべての部分の合計を指します。また、2 つ以上の個別の指標を複合して得られる国民所得や物価指数などの要約指標を指す場合もあります。

分散分析(ANOVA)

分散分析 (ANOVA) は、2 つ以上の既存の変数の間に有意な関係が存在するかどうかを分析および判断するために値をテストできる統計手法です。この手法では ANOVA モデルが使用され、特定のデータで利用可能な分散の総数に対する特定の変数ごとに発生する分散の量を分析することによって機能します。

応用研究

応用研究は、実際的な問題に対する答えや解決策を見つけることを目的とした科学的研究です。研究結果は技術、製品、サービスの開発に使用され、ビジネスチャンスが生まれます。

エリアサンプリング

エリア サンプリングは、地理的エリアをターゲットとする、または地理的エリアがクラスターとなるタイプのクラスター サンプリング設計です。

評価

評価は、企業または個人の純資産および/または資産の合計価値を決定するために使用されるプロセスです。これは、個人および/または企業の税金や賦課金を計算するために使用されます。

自宅での検査

在宅テストとは、テストに使用され、参加者が自宅で製品をテストできるように参加者に提供される製品を指します。製品を使用した後、参加者はオンライン調査、個人および電話インタビュー、グループセッション、郵送調査などのさまざまな手段を通じて、製品に関するコメントや提案を共有する必要があります。

意識

ビジネスにおいて、認識とは、製品やサービスなど、何か新しいものを理解するプロセスの最初のステップを識別するために使用される用語です。

B

奥の部屋

バックルームとは、機密事項の調査や計画が実行される場所です。

基準

ベンチマークは、品質、価値、パフォーマンスなどを測定する際の比較基準として使用される標準です。これは、既存の一連の標準、法律、規制、規範などから導き出すことができます。

バイアス

バイアスとは、統計的サンプリングにおいて、結果が他の結果と望ましい結果が一致するように調整されるときに発生するエラーです。

ブレインストーミング

ブレインストーミングは、新しいアイデアを生み出したり、問題を解決したり、新しい方針を策定したりするために実践される手法です。ブレインストーミングでは、提案や提言を受け入れ、分析したり、組み合わせたりして、より効率的なアイデアや考えを生み出します。

商標価値

ブランド エクイティとは、ブランド名がなくても得られる価値ではなく、ブランド名との関連性によって製品に蓄積される金銭的価値、認知度、または消費者の信用のことです。一部のマーケティング研究者は、企業が持つ最も価値のある資産の 1 つはブランドであると考えているため、ブランド エクイティに関する研究は人気が急上昇しています。

ブランドイメージ

ブランド イメージとは、製造業者の部門が提供する特定の商品やサービスに対して消費者や業界関係者が与えるアイデンティティまたは品質のことです。多くの場合、製品やサービスに対する認識に影響を与える要因は、人間の態度やライフスタイル、欲求、価格、品質、および当該ブランドの使用法です。

ブランドパーソナリティ

ブランド パーソナリティは、ブランドに人間の個性を当てはめるという前提で機能しており、同様のパーソナリティ属性と要因の尺度を使用して、人間の特徴を使用してブランドを説明しようとします。人々が互いに関係するのと同じように、ブランド パーソナリティは、ブランド エンゲージメントとブランドへの愛着を高めるために使用されます。

ブランドリコール

ブランド想起とは、特定のブランドに関する広告に反映されたメッセージが消費者に記憶される範囲のことです。

ビジネス・インテリジェンス

ビジネス インテリジェンスは、ビジネス全般、つまりその問題、推奨事項、行動を完全に理解することを目的とした研究分野です。これには、適切で適切な決定を下す際に考慮しなければならない多くの要素が含まれます。そのような要素には、顧客、社内業務、競合他社、ビジネス パートナー、経済環境などがあります。

企業間取引(B2B)

ビジネス ツー ビジネス (B2B) とは、2 つの企業間で商品、サービス、情報を交換することを指す用語です。

ビジネス・ツー・コンシューマー(B2C)

ビジネス・ツー・コンシューマー(B2C)とは、企業から消費者への商品、サービス、情報などの直接的な交換を指す用語です。

コンピュータ支援個人面接 (CAPI)

コンピュータ支援個人面接 (CAPI) は、面接官がポータブル コンピュータを使用して面接対象者からデータを直接入力する面接方法です。

コンピュータ支援電話インタビュー (CATI)

コンピュータ支援電話インタビュー (CATI) は、コンピュータで生成された調査に基づいて、インタビュー担当者が電話で実施する調査です。CATI は、ソフトウェア ベースのシステムを使用して、電話インタビューの精度、速度、信頼性、有効性を高めるために使用されます。

コンピュータ支援ウェブ面接 (CAWI)

コンピュータ支援ウェブインタビュー(CAWI)は、インターネットを使用してインタビュー対象者がアンケートに回答できるオンラインで実施される調査であり、一般的に定量調査に使用されます。

コンピュータ支援自己インタビュー (CASI)

コンピュータ支援自己インタビュー (CASI) は、インタビュー対象者がインタビュー担当者ではなくコンピュータと直接コミュニケーションをとるインタビュー方法です。

 国勢調査

国勢調査は、調査対象となる人口の利用可能なすべての単位またはメンバーからデータを収集する調査です。

カイ二乗検定

カイ二乗検定は、変数が独立しているか同質であるかを判断するために使用される統計手法です。独立性と同質性の検定は、どちらも同じ式を持ちますが、ロジックとサンプリング手順が異なります。独立性のカイ二乗検定は、変数の値を決定することが別の変数の値を推定するのに役立つかどうかを分析します。一方、同質性のカイ二乗検定は、2 つの母集団が同様のコンポーネントを持つ同じ相対量の観測値を持つかどうかを分析します。

クライアント

クライアントとは、サービスを購入したり、市場調査プロジェクトの一部または全部を委託または購読したりする個人または組織です。クライアントには、広告代理店、新聞社、フルサービスの調査会社、またはその他のデータ収集会社などがあります。

クローズドエンドの質問

クローズドエンド型の質問は、単純な情報、「はい」または「いいえ」、あるいは複数の選択肢など、一連の回答を提供する質問です。

クラスター分析

クラスター分析は、調査データを整理して、複数の特性を定量的に比較することで、集団内のさまざまな個人のグループがどの特性に属するかを判断するのに役立つ統計手法です。各グループまたは「クラスター」の内容の違いは、クラスター間の違いよりも小さくなければなりません。クラスター分析は、消費者のセグメンテーションやブランド マーケティング調査によく使用されます。

コンジョイントアソシエーション

コンジョイント アソシエーションは、消費者の意思決定が共同で影響されると考えられるさまざまな要因によって左右されると仮定して、消費者の意思決定方法を特定しようとする調査手法です。この手法では、被験者に特定の選択肢から特定の属性をいくつか選択するよう要求し、選択した属性に基づいて、被験者にとって何が重要であるかを示します。

競争

ビジネスにおける競争とは、2 社以上の企業が互いの利益を追求したり、利益を得るために行動を起こしたりするときに使われる用語です。ライバル関係とも呼ばれ、特定の業界で最高のサービス プロバイダーまたは製品メーカーになろうと努力する行為です。

競合他社選手

競合企業とは、同じ市場で同じサービスや製品を提供している企業です。

複合年間成長率(CAGR)

複合年間成長率 (CAGR) は、数年間にわたる特定の値の単一の成長率を指します。成長率は、基準期間から終了期間までの特定のアカウントの成長に基づいています。

信頼度レベル

信頼度はパーセンテージで表され、結果の正確さの確率を示す統計的結果の信頼性の尺度です。

コンサルティング

コンサルティングとは、クライアントのリソースを活用しながら既存のビジネスを強化するためのアドバイス、推奨、支援を提供するサービスです。

消費者行動

消費者行動とは、商品やサービスの使用と購入における消費者の購買傾向と習慣を研究する学問です。個々の消費者の人口統計や行動変数などの特性を研究することで、人々の欲求を理解しようとします。

請負業者

請負業者とは、専門的なサービスを一般の人々に提供する職業に従事する個人です。請負業者は特定のタスクを実行することに同意し、割り当てられた作業を実行する独自の方法と手段を持っています。

対照群

管理グループとは、組織内で規制やその他のビジネスおよび企業関連の決定の実施を担当する人々のグループです。

相関

相関とは、2 つのランダム変数間の因果関係を指します。1 つの変数の高い値が他の変数の高い値と関連していると考えられる場合、これらの変数は正の相関があると判断されます。一方、1 つの変数の高い値が他の変数の低い値と関連していると考えられる場合、変数は負の相関があると判断されます。

共変異

統計学における共変動という用語は、相関変動の略で、利用可能な定量的データの蓄積と分析に関するものであり、特定の母集団パラメータを測定するために確率論も利用します。

カスタムマーケティングリサーチ

カスタム マーケティング リサーチは、特定のクライアントの要件を正確に満たし、それに答えるために特別に設計されたタイプのリサーチです。

お客様

顧客とは、基本的な必要性や要望を満たすために製品やサービスを購入する人やユーザーを指します。

顧客満足度調査

顧客満足度調査は、企業が製品やサービスの購入における顧客の満足度を判断するために使用するマーケティング調査研究です。この調査は、顧客を長期間維持することを目的としています。

顧客情報

顧客プロファイルは、マーケティング担当者が顧客や見込み客の特性を識別するために使用する顧客の説明です。人口統計、地理、心理的特性の詳細な分析を使用して、収益性と持続性のある機会を示す顧客をターゲットにします。ライフスタイルの行動、購入の好み、信用度も分析され、持続的な機会を選び出します。

データ

市場調査では、データとは、一連の観察による定性的または定量的属性を通じて収集された調査事実のことです。

データ収集

データ収集とは、インタビューやアンケートから市場調査データを収集または収集し、結論を導き出して情報を提供するプロセスです。

データ分析

データ分析は、有用な情報やパターンを特定し、結論を提案するために、データを体系的に収集、変換し、観察結果を分類するプロセスです。

情報処理

データ処理は通常、コンピューターによる集計と関連しています。データ処理とは、市場調査の発見結果などの必要な情報を生成する目的で、データまたは生の情報をデータベース形式に整理することです。これには、データの分類、要約、記録、計算、並べ替え、および保存が含まれる場合があります。

データ入力

データ入力とは、データを記録、分類、並べ替え、要約、計算、配布、保存する行為、または単にデータを転記してデータベースやコンピューターに入力する行為です。

データベース

データベースは、レコードを統合して多くのアプリケーションでデータにアクセスし、操作できるように、論理的に関連するデータを一元的に保持するコレクションです。収集された情報に簡単にアクセス、管理、更新できるように、データベースは書誌、数値、全文などのコンテンツ タイプに従って整理できます。

人口統計

人口統計とは、企業または業界の顧客とみなされる人口の割合を指します。

従属変数

従属変数は効果変数とも呼ばれ、独立変数の変化によって影響を受けて値が変化する変数です。

デスクリサーチ

デスク リサーチとは、特定のマーケティング調査問題に対して、印刷物やインターネットですでに入手可能な二次データや情報を使用する調査です。

直接質問

直接質問は、回答者自身の行動に焦点を当てた市場調査で使用される質問です。

ディスカッションガイド

ディスカッションガイドは、トピックガイドまたはモデレーターガイドとも呼ばれる主題の概要であり、グループディスカッション中にすべてのトピックがカバーされるようにモデレーターが使用します。

資格

適格性は、特定の研究プロジェクトへの参加に招待される潜在的なクライアント/参加者が備えていなければならない特性を指定します。

計量経済学

計量経済学は、質的データを量的数学的形式に変換する統計モデルを使用した経済理論と統計の研究です。

エグゼクティブサマリー

エグゼクティブ サマリーは、調査を実施した理由、調査で判明したこと、調査によって会社が向かう方向、さらに調査結果を最もよく補完するために経営陣が取るべき行動などに関する基礎情報を記載した概要レポートです。

実証研究

実証的研究は、特定の質問に答えたり仮説を検証したりすることで現実をテストするタイプの研究です。

評価研究

評価研究は、特定のプログラムまたは活動が、設定された目標を達成する上でどの程度の効率性と有効性があるかを特定しようとする研究プロセスです。客観的な評価の作成、既存プログラムの運用、および新しいプログラムの実装の監視に使用されます。

エグゼクティブインタビュー

エグゼクティブ インタビューは、主題の情報や知識の大部分が少数の人物によって保持されている場合によく使用され、これらのインタビューでは、あらゆる規模の企業の人々や専門家と話をします。

エグゼクティブインタビュアー

エグゼクティブインタビュアーとは、研究パートナーとの長期的な関係を維持するためにビジネスマンへのインタビューを実施する人です。

探索的研究

問題の正確な性質を明らかにしたり、仮説を立てたりするための初期調査。これは、手元の状況に関する洞察を提供し、最適な研究設計、対象の選択、データ収集方法を決定するのに役立ちます。使用される手法には、詳細なインタビュー、投影法、ケーススタディ、フォーカスグループなどの正式なアプローチと、従業員、競合他社、消費者との非公式な話し合いなどの定性的なアプローチが含まれます。

余分な変数

外部変数とは、研究の従属変数に影響を及ぼす可能性のある外部変数または交絡変数です。

要素

要因は変数の線形結合からの独立変数であり、その結果は研究者の研究処理方法に応じて変化する可能性があります。

対面インタビュー

対面インタビューは変数の線形結合からの独立変数であり、研究者の研究処理方法に応じて結果が異なる場合があります。

因子分析

因子分析は、研究者が実行する多変量検索の一種であり、一連の変数またはオブジェクト間の相関関係と相互関係を説明する少数の因子を特定します。

誤った正確さ

誤った精度とは、データの集合の精度が低いにもかかわらず、正確であるという印象を与える場合に発生する誤解を招く統計です。これは通常、小数を四捨五入した場合に何が起こるかなどの詳細が欠落しているために発生します。

実現可能性

実現可能性とは、プロジェクトのために実施される調査、またはプロジェクトの実現可能性や完了の可能性に関する別の調査の評価です。

フィールド実験

フィールド実験は、研究室の外で、実際のまたは自然な環境で行われる調査または実験です。これは、外部妥当性が内部妥当性よりも高いことを確認するために行われます。

最終報告書

最終レポートは、クライアントに渡され、企業が成功への道を見つけるのに役立つ完全な調査結果です。この調査には、方法論、主要な調査結果、解釈、推奨事項が含まれます。

調査結果

調査結果とは、実施された評価または調査の結論、結果、および/または出力を表すために使用される用語です。

フォーカスグループディスカッション

フォーカス グループ ディスカッションは、社会心理学とコミュニケーションの理論を応用し、稀に社会科学の研究方法に組み込んだ市場調査戦略です。新製品の開発、パッケージ化、命名、またはテスト販売を希望する個人/企業が、新製品を市場に出す前にテストできるようにします。

予報

予測とは、将来の傾向や出来事を推定することです。

頻度

頻度は、特定の条件が特定の期間内にどのくらいの頻度で存在するかを測定します。また、さまざまなカテゴリに分類される結果の数を指す場合もあり、通常は毎日、毎週、または毎月記録されます。

地理的セグメンテーション

地理的セグメンテーションは、地域、都市、国などの地理的単位に基づいた市場分類です。

グローバル

グローバルとは、多数の項目またはカテゴリの全体を指します。

総収入

これは、税金、保険、経費などの給与控除がまだ計上されていない特定の期間に発生した会社の収益の金額です。

成長速度

通常、パーセンテージで測定される成長率は、一定期間における人口の増加または減少を平均人口で割ることによって決定される、変化する人口規模の成長率の記録です。

H

快楽尺度

快楽尺度は、回答者の全体的な見解、全体的な好悪、サービスまたは製品に対する意見の程度を測定するために使用される尺度です。

謝礼

謝礼とは、サービスを提供する専門家に対して組織が支払う料金です。

仮説

仮説とは、一連の事実を統一的に説明しようとする前提です。

仮説検定

仮説検定は、サンプルから収集したデータに基づいて仮定の影響を分析し、実行可能な解決策を決定する方法です。この方法から導き出された解決策は、企業が会社にとって重要な決定に集中するのに役立ちます。

詳細インタビュー

詳細インタビューは主に定性調査で使用され、グループディスカッションのシナリオではなく、構造化されていない個人インタビューが含まれます。通常、回答者の信念、感情、根底にある動機を理解するために、高度なスキルを持つインタビュアーによって実施され、通常 30 分から 60 分間続きます。

業界

広義では、業界とは、特定のカテゴリに属する特定の商品やサービスの製造を指します。市場調査では、通常、データ収集と分析に重点を置くために、計画段階で対象業界を決定します。

間接的なアプローチ

間接的アプローチは、収集する情報が機密情報である場合に推奨されるアプローチです。間接的アプローチでは、調査の実際の対象ではない情報源に質問したり、調査対象のトピックに直接関係しないがトピックに関係する質問を採用します。

インタビュー

面接は、個人またはグループの資格を評価することを目的とした正式な相談です。

インタビュアー

インタビュアーとは、意見を聞いたり、出版用の情報を入手したりすることを目的として、他の人にインタビューを行う人です。

J

ジャンプスタート(ランプアップ)

ジャンプスタート(ランプアップ)とは、製品需要の予想される増加に先立って、確実な生産量を増やすことを意味します。また、製品開発から最大生産能力利用までの期間として定義され、製品とプロセスの実験と改善を特徴とします。

主要ドライバー分析

キードライバー分析は、関係性における最も重要な要素を特定することを目的とした分析の一種であり、通常はビジネス面での顧客ロイヤルティと満足度を評価するために使用されます。

主要市場

市場調査において、主要市場とは、実施される調査の対象または主題です。また、特定の製品、企業、または業界にとって極めて重要な市場を意味する場合もあります。

キーワード

キーワードまたはキーフレーズは、段落、記事、または特定の主題の主要なアイデアを説明または構成する単語またはフレーズです。市場やビジネスのデータベースでは、キーワードは検索を絞り込んだりフィルタリングしたりして、必要な情報や中心となる情報を取得するために使用されます。

キーオピニオンリーダー

キーオピニオンリーダーとは、特定の業界や国における思想的リーダーであり、そのアイデアや専門知識は、対象業界や国におけるトレンドの進化に光を当てることができます。

レッグ(フェーズ)

研究において、レグまたはフェーズは研究プロセスの特定の段階に相当します。

線形回帰分析

ビジネス統計学において、線形回帰分析は、企業売上高などの従属変数と、一人当たりの GPD 所得やその他の財務概念などの 1 つ以上の独立変数との関係を作成するために採用される戦略です。さらに、従属変数と独立変数の関係を測定し、後者の値を予測しようとします。

ローカライズ

ローカライズとは、特定の場所または地域に限定されることを意味します。

ロジックテスト

ロジック テストは、データが意味を成すかどうかを確認するためにデータに対して実行される単純なテストです。市場調査では、これはテストの有効性と健全性を判断するために重要です。

市場

市場調査において、市場とは、法律で認められ、経済的に能力があり、最も重要なことに、企業や業界が提供する特定の製品やサービスに興味を持つ消費者や潜在的顧客で構成される集団を指します。

市場シェア/セグメンテーション

市場シェアとは、市場における総売上高のうち、製品または業界が支配または影響している部分です。

市場環境

市場環境とは、組織やグループの決定や活動に影響を与える可能性があると考えられるさまざまな外部要因を指す用語です。その例としては、社会の政治的、宗教的、環境的構成が挙げられます。

市場セグメンテーション

マーケティング用語の「市場セグメンテーション」とは、市場全体をある意味で類似した消費者のサブグループに分割するプロセスを指します。

市場規模

市場規模とは、特定の市場における顧客数と潜在的顧客数の総数を指します。企業が新しい製造やサービスを開始したい場合も、市場規模は重要と考えられます。

市場動向

市場動向とは、特定の業界または事業分野における新しい技術、需要、消費の推進力、および新しい発見や開発など、投資市場における一般的な変動を指します。

モデレータ

モデレーターとは、フォーカス グループ (またはグループ ディスカッション) を進行する人物です。また、管理者から委任されてディスカッションの生産性を維持する人物でもあります。

方法論

方法論とは、マーケティング調査プロジェクトを実施するために従う特定の方法です。

監視対象企業

監視対象企業とは、追跡調査またはビジネス調査研究によってその活動が追跡されている特定の企業です。

ミステリーカスタマーテクニック

ミステリー カスタマー テクニックは、カスタマー サービス スタッフに知られることなく、現場調査員が顧客を装って、顧客体験に関するデータを収集することを目的とした観察手法です。通常は専門機関によって実施され、ホテル、航空会社、ファーストフード フランチャイズなどのサービス業界から委託されることがよくあります。

ミステリーショッパーのテクニック

ミステリーショッパーテクニックとは、個人が好奇心旺盛な顧客やクライアントに変装して必要な情報を入手する戦略です。したがって、ミステリーショッパーは実際にスタッフの行動や会社の規則、ビジネスの性質を観察することもあります。

いいえ

適所

ニッチとは、ターゲットにできると考えられる市場の一部です。

ニッチマーケティング

ニッチ マーケティングとは、マーケティング担当者が市場全体ではなく、市場の小さなセグメントに全力を注ぐマーケティング戦略です。

非標本誤差

非サンプリング誤差とは、サンプリング誤差を含まない要因によって調査で発生する誤差または不正確さのことです。通常、選択バイアス、サンプリング フレーム誤差、非回答誤差、母集団の誤指定誤差など、不正確さやバイアスの原因を指します。

正規分布

正規分布は統計分布の非常に重要なクラスであり、ガウス分布とも呼ばれ、平均、中央値、最頻値がすべて同じ値になります。

帰無仮説

帰無仮説とは、通常は否定的な方法(帰無的方法)で表現される文の最初の仮定であり、有意性検定で反証された場合は棄却され、対立仮説が受け入れられます。

目的

目標は、調査、評価、または研究作業を達成するためのバックボーンの 1 つです。目標は、手元にあるリソースを使用して計画された時間枠内で達成される調査の目的または基準であり、特定の目標に細分化される場合もあります。

観察研究

観察研究は、研究に必要な情報を収集するために研究者が人々や企業と直接連絡を取る必要があるデータ収集方法です。フィールド調査と呼ばれることもあります。

一対一

1対1は、モデレーターが定性的な方法で1人の回答者に直接インタビューする調査方法です。

自由回答形式の質問

自由形式の質問は、研究者が尋ねる質問で、回答者が自分の言葉で意味のある回答をすることができます。これらは通常、定性調査で使用されます。

順序尺度

順序尺度は、数値が相対的な量でオブジェクトに対する値を表す測定尺度です。

パラメータ

パラメータとは、研究に必要なデータを取得するために考慮する必要がある、集団内の定義された部分またはグループです。

パイロットテスト

パイロット テストは、実際の調査の正確性と効率性に備えて、少数の回答者を対象に統計的に設計された予備テスト アンケートです。

パイロットスタディ

パイロット スタディとは、研究の質を向上させるために研究者が行う予備研究、パイロット実験、またはソフト リサーチです。

人口

研究においては、研究を確立したり評価したりするために、