統計によると、米国で消費されるヨーグルトの 99.8% は国内で生産され、輸入されているのはわずか 0.2% です。しかし、ヨーグルトの総輸入量は 2002 年から 2008 年にかけて 500% 増加しました。さらに、輸入量が数百万ドルという基準値は、市場全体と比較するとわずかな増加であっても、輸入量が大幅に増加していることを示しています。したがって、この増加は、発展傾向の良い指標ではない可能性があります。

情報源のPackaged Factsによると、培養乳製品の売上は2010年までに$154億に増加すると予測されています。下の表に示すように、培養乳製品の米国での売上は2001年から2005年にかけてCAGRが8.5%であったのに対し、2006年から2010年にかけてCAGRは9.8%となっています。

培養乳製品部門では、培養液製品(飲むヨーグルト/ヨーグルト スムージー、ケフィア、プロバイオティクス ショット)が、2005 年から 2010 年にかけて 37.7% という最も高い CAGR を記録すると予測されています。具体的には、プロバイオティクス ショットの売上がこの数字の主な原動力となり、この期間中に 97.4% という驚異的な CAGR で成長します。詳細については、下の表を参照してください。

飲まないヨーグルトは発酵乳製品カテゴリーの中で最大のカテゴリーを占めているため、最大の発酵乳製品の販売業者はヨーグルト事業に携わっています。

以下は、米国のヨーグルト市場におけるサプライヤー企業の例です。

 

  • ダノングループ
  • クラフトフーズ
  • ケンプス LLC
  • ストーニーフィールドファーム(ダノン)
  • フェイジUSA株式会社
  • スプリングフィールド クリーマリー
  • マウンテンハイ
  • ブラウンカウ
  • ジョアンナフーズ
  • アルタデナデイリー
  • ホライゾンオーガニック
  • ライフウェイフーズ市場の可能性

 

成長の機会を活用すれば、米国はおそらく、4~5 倍も高いヨーロッパの消費率に追いつくことができるでしょう。この可能性を秘めた分野の 1 つがオーガニック セクターです。社会がますます健康志向になるにつれ、オーガニック乳製品を食事に取り入れたいと考える消費者が増えています。メーカー、マーケティング担当者、小売業者はすでにこのセグメントを活用しようとしています。このセグメントは、健康とウェルネスのトレンドと連動しているため、ヨーグルト市場が成長する絶好の機会です。