LGBT市場調査

LGBT 市場は、世界中の多くの国で成長している数十億ドル規模の市場です。  

この市場は、一般的に可処分所得が高く、主要セクターが成長していることが特徴です。一部の商品では、ゲイやレズビアンは旅行、美容製品、ファッション、娯楽に多くを費やしています。研究 また、同性愛者は携帯電話で広告を消費する傾向が高く、テレビを見ながら携帯電話で商品を調べる傾向が高いことも示されています。同性愛者に優しい広告は、購買やブランドロイヤルティに影響を与える可能性があります。 以下は、今日の LGBT 消費者市場で最も急速に成長している分野と新たな機会の一部です。

LGBTQ市場調査を理解する

LGBTQ 市場調査は、単にデータ収集を行うだけではありません。LGBTQ コミュニティが直面している豊かな経験、好み、課題を理解することが目的です。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィアの人々の習慣、関心、ニーズに関するデータを収集し、分析します。 

…そして、この独特な市場セグメントには、製品やサービスの提供に大きな影響を与える可能性のある独特な消費者行動と嗜好があります。

LGBTQ 市場調査の複雑さは、コミュニティ内の多様な経験を認識することにあります。たとえば、トランスジェンダーの人の好みは、ゲイやレズビアンの人の好みとは異なる場合があります。これは、性的指向を理解するだけでなく、LGBTQ コミュニティの消費者行動を形成する文化的、社会的、経済的ダイナミクスを把握することです。

LGBTQ 市場調査がなぜそれほど重要なのか?

経済的な観点から見ると、LGBTQ コミュニティは大きな購買力を持つ重要な市場セグメントです。この市場を無視したり誤解したりすると、ビジネスの機会を逃す可能性があります。 

しかし、そこには倫理的な要素があります。LGBTQ 市場調査に取り組むことで、企業は消費者層の多様性を重視し尊重していることを示すことができます。このような姿勢は、LGBTQ 消費者とその支持者の間でブランド ロイヤルティを育むことができます。これは単なるビジネス戦略ではなく、包括性と表現に関するものです。

さらに、企業にとって次のようないくつかのメリットがあります。

• ターゲットを絞ったマーケティング戦略: LGBTQ コミュニティの独自のニーズ、好み、ライフスタイルを理解することで、企業はこのコミュニティに響くものに関する適切な洞察を得て、マーケティング戦略をより効果的にカスタマイズできます。

• ブランドロイヤルティの向上: 企業が十分な情報に基づいた意思決定を行うことで、LGBTQ コミュニティを真に理解し、気にかけていることを示すと、信頼が生まれます。この信頼は、LGBTQ 消費者とその支持者の間でブランドへの忠誠心と支持が高まることにつながります。

• 製品開発に関する洞察: LGBTQ 市場調査により、LGBTQ 消費者のニーズが満たされていない市場のギャップが明らかになります。企業は、このギャップを利用して、新製品を開発したり、既存の製品を改良してこの層のニーズに応えることができます。

• 評判の向上: 今日の世界では、消費者、特に若い世代は社会問題に敏感で、自分たちの価値観を反映したブランドを支持しようとしています。そのため、企業は全体的な評判を向上させ、より幅広い層にアピールすることができます。

• リスク軽減: LGBTQ 市場調査に取り組んでいない企業は、LGBTQ コミュニティを不注意に怒らせたり疎外したりする可能性のあるキャンペーンや製品を立ち上げるリスクを負います。調査に投資することで、企業はこれらの落とし穴を回避し、自社の取り組みが敬意と包摂性の両方を備えていることを保証できます。

• 経済的利益: 前述のように、LGBTQ コミュニティは大きな購買力を持っています。この市場にうまく対応できる企業は、収益と市場シェアの拡大が見込まれます。

• 未開拓市場の開拓: 一部の業界では LGBTQ コミュニティが受け入れられていますが、その可能性をまだ十分に認識していない業界もあります。LGBTQ 市場調査では、LGBTQ コミュニティのニーズや好みが十分に満たされていない分野にスポットライトを当て、企業が探求できる新たな道筋を提示することができます。

• 文化とグローバルな拡大: 企業が世界規模での事業拡大を目指す場合、さまざまな文化や地域における LGBTQ コミュニティの微妙な違いを理解することが重要です。調査により、LGBTQ の問題やアイデンティティが世界のさまざまな地域でどのように認識され、表現されているかについての洞察が得られ、企業の国際的な取り組みの指針となります。

旅行と観光の機会

調査によると、LGBT の消費者は、他のセグメントよりも平均してレジャー旅行にかなり多くのお金を費やしています。フェスティバルやプライド パレード、ファイヤー アイランド、サウス ビーチ、プロビンスタウン、パーム スプリングスなどの夏の人気スポットは、重要な旅行先です。ゲイをテーマにしたクルーズ、目的地での結婚式、特別ツアーの人気が高まっています。法律の変更、安全上の懸念、デジタル メディアの台頭はすべて、旅行先の選択に影響を与えます。

国や都市はLGBTの消費者に熱心にマーケティングを行っている。英国政府観光局は、ハッシュタグ「 #loveisgreat 12都市でプライドフェスティバルのスポンサーも務めています。イスラエルや台湾などの国や、オースティンなどの個々の都市では、ゲイフレンドリーな観光地を積極的に宣伝しています。

ホテルは多くの場合、ゲイフレンドリーだ。大手グローバルホテルチェーンは、多くのゲイの人を雇用し、LGBTの消費者に合わせたロイヤルティプログラムや特別な客室パッケージを用意している。航空会社の中には、プライド月間に合わせ、機体塗装やソーシャルメディアページをカラフルな旗で彩ったところもある。

フィットネス、ウェルネス、ヘルスケアの研究

フィットネスやジムのブランドはチャンスを見出し、キャンペーンを開始しました。ヘルスケアや医薬品のブランドは、LGBT 消費者をターゲットにした性健康製品やキャンペーンを展開しています。SIS は、医薬品や健康製品のメッセージ キャンペーンについて、ニューヨーク市の LGBT 消費者を対象にフォーカス グループを実施しました。

映画、音楽、芸術、演劇

主要な映画祭ではゲイ映画が増えている。Netflix、Amazon、iTunesなどのストリーミングサービスの台頭により、ゲイをテーマにした映画は従来のDVDや小売環境よりも簡単に配信できるようになった。  

高品質のコンテンツを提供することは、特に飽和状態のデジタル メディア環境では依然として課題です。フォーカス グループは、映画製作者が視聴者がコンテンツをどのように認識しているかを理解するのに役立ちます。アンケート調査は、消費者がコンテンツにどのように関わっているかを理解するための迅速なデータを提供します。市場調査は、映画会社が視聴者にコンテンツをマーケティングする際のマーケティングの機会と課題を理解するのに役立ちます。

イベントマーケティング

LGBT市場調査2

プライド フェスティバルは、世界中の主要都市で年間を通じて開催されます。大手ブランドは、山車、景品、エンターテイメントで宣伝します。

世界最大級のプライド イベントの 1 つである NYC プライド パレードは、当社のニューヨーク本社からすぐ近くで開催されます。  プライドに加えて、世界中の多くの都市では、ゲイをテーマにしたフェスティバルやイベントが 目的地マーケティング キャンペーン。たとえば、アスペンではゲイ スキー ウィーク、シドニーではマルディ グラ、マイアミとパーム スプリングスではウィンター パーティー、オーランドではワン マジカル ウィークエンドが開催されます。

NYC ファッション ウィークでは、ゲイフレンドリーなテーマやハッシュタグ マーケティング キャンペーンも取り上げられています。当社の調査チームは、ストリート インタビュー、対面調査、インターセプトを実施しています。

食品および飲料

ウォッカ製品などのアルコール飲料会社は、LGBT消費者をターゲットにしたキャンペーン、製品、フレーバーをますます構築しています。新しいファストカジュアルフードレストランチェーンはパレードに山車を出します。チョコレートメーカーやジェラートメーカーは現在、LGBT層に製品を宣伝しています。高級スーパーマーケットも主要都市でプライドフェスティバルを後援しています。

インフルエンサーマーケティング

ソーシャル メディアは、Facebook、Twitter、YouTube、Instagram の Web サイトで特別な市場を開拓しました。現在、多数の LGBT インフルエンサーやスターが存在し、ブランドの製品やコンテンツを宣伝しています。SIS は、ファッション、化粧品、LGBT インフルエンサーを対象に多数の調査を実施し、ブランドとそのコミュニティの影響力のある人々を結び付けています。多くの小売業者は、コンテンツのスポンサーシップがブランドと売上にプラスの影響を与える可能性があることに気づいています。

LGBT市場調査調査コンサルティング

デジタル製品とアプリ

SIS はシェアリング エコノミーに重点を置く企業を対象に調査を実施しました。これにはライドシェアリングやホームシェアリングが含まれます。最近の調査によると、LGBT 消費者が最も好むブランドは、ストリーミング メディア ウェブサイトや電子商取引ウェブサイトなどのデジタル ブランドである傾向があります。  

さらに、SIS は出会い系アプリ企業向けにユーザビリティ調査とフォーカス グループを実施しました。調査によると、LGBT 消費者は他のセグメントよりも出会い系アプリに多くの時間を費やしています。定性的な洞察と定量的なデータは、消費者が製品やサービスとどのように関わっているかを理解するのに役立ちます。

政治と世論調査

世論調査は、態度の変化を考慮すると有益です。法律の変更に伴い、世論調査によって、重要な問題の微妙な差異を特定できます。同性愛嫌悪、同性婚、同性の権利、トランスジェンダーの権利、平等などの問題は、長年世論調査の重要な問題となっています。SIS は、米国、英国、カナダ、ヨーロッパ、および世界中でフォーカス グループ、アンケート、世論調査を提供しています。

LGBTプライド市場調査

研究上の考慮事項

LGBTQ には多くのセグメントが含まれます。異なる視点、態度、行動、意見に敏感であることが重要です。自認する人と、潜在的に同性愛を隠している人の間には行動の違いがあります。さらに、セクシュアリティには流動性があり、信念や行動の範囲もさまざまです。研究者はクライアントと協力して、クライアントの目的を理解し、適切な質問をし、特定の目的を達成するためのプロジェクトを計画することができます。

LGBTQ市場調査の課題

LGBTQ 市場調査の可能性は計り知れませんが、企業はその課題と限界を認識する必要があります。これらの課題に対処し理解することで、より効果的で敬意のある調査方法を確保できます。この市場調査に関連する課題は次のとおりです。

• 代表的なサンプリング: 回答者のサンプルが LGBTQ コミュニティ内の多様性を真に反映していることを確認するのは困難です。LGBTQ 市場調査では、意図せず特定のサブグループに偏り、他のグループを無視してしまうことがあり、その結果、偏った洞察につながる可能性があります。

• デリケートなトピック: LGBTQ コミュニティには差別と疎外の歴史があります。その結果、特定の質問やトピックが押し付けがましい、または無神経であると受け取られる可能性があります。

• 文化の違い: LGBTQ 体験は単一ではなく、文化、国、地域によって大きく異なります。LGBTQ 市場調査は状況に応じて行う必要があり、こうした文化的なニュアンスを無視した包括的な想定は避ける必要があります。

• ステレオタイプを避ける: LGBTQ 市場調査の結果が、意図せず固定観念を永続させてしまうリスクがあります。研究者や企業は、個人を尊重し、一般化を避ける方法でデータを解釈するよう注意する必要があります。

• データプライバシーに関する懸念: 特定の地域や社会では LGBTQ として特定されることに伴う潜在的なリスクを考慮すると、匿名性とデータのプライバシーを確保することが最も重要です。

• 手の届きにくい人々への働きかけ: LGBTQ コミュニティの一部、たとえば高齢者や保守的な地域に住む人々などは、調査に参加するのが難しい場合があります。LGBTQ 市場調査戦略では、この点を考慮し、こうした人々の声に耳を傾け、取り入れる方法を見つける必要があります。

私たちが働く場所

SIS は、ニューヨーク、ウェスト ハリウッド/ロサンゼルス、ロンドン、パリ、ベルリン、サンフランシスコ、マイアミ、トロント、リオデジャネイロなど、世界の主要都市やゲイのホットスポットに拠点を置いています。当社の本社と最大のフォーカス グループ施設は、ニューヨーク市のフラットアイアン地区にあり、歴史的なゲイフレンドリーな地区であるチェルシーから徒歩数分です。さらに、当社のグローバルなリーチと急成長の新興市場における市場カバレッジにより、今日の急速に変化する世界経済において何千人もの LGBT 消費者にアクセスできます。

私達がすること

当社は、フォーカス グループ、消費者インタビュー、調査、データ収集、共同作成、民族誌学、市場評価、新規市場参入、デジタル マーケティング キャンペーンを提供しています。

LGBT市場戦略コンサルティング