ヨーロッパには約 4,000 の高等教育機関があり、1,700 万人以上の学生と 150 万人の教職員を抱えています。しかし、欧州委員会によると、カリキュラムは必ずしも最新のものではなく、十分な数の若者が大学に通うことができません。そのため、ヨーロッパ加盟国の政府は、条件を改善し、学生が大学に通えるようにする方法を模索しています。

欧州委員会は成長と雇用のためのリスボン戦略の一環として大学の近代化計画を発表した。改革の主な分野は以下のとおりである。

  • カリキュラム改革: 3サイクルシステム(学士、修士、博士)、能力ベースの学習、柔軟な学習パス、認定、モビリティ。
  • ガバナンス改革:大学の自治、企業を含む戦略的パートナーシップ、品質保証。
  • 資金調達改革: 大学の収入源を多様化することで、成績との関連性を高め、授業料、助成金、ローンの役割を含め、公平性、アクセス、効率性を促進します。

ボローニャ・プロセスを通じてカリキュラム改革も推進されており、2010年までに欧州全域の46カ国による欧州高等教育圏の設立を目指している。

SIS教育市場調査について

SIS International Research は、教育機関向けに包括的なイノベーション、市場調査、戦略ソリューションを提供しています。当社は、学生調査、プログラム開発、イノベーション ソリューション、学部および教育機関の再配置に関する調査の実施において豊富な経験を持っています。

高等教育市場調査の詳細については、こちらをご覧ください。