中国の急速な経済成長と世界的な影響力の増大により、B2B 市場は活況を呈しています。この国は、B2B 取引に参入し、このダイナミックな市場での存在感を拡大したいと考えている企業にとって、大きなチャンスを提供します。

今日、中国市場に参入する企業が増えるにつれ、中国における B2B マーケティングの複雑さを理解することが成功の鍵となっています。これには、市場環境を形成する独自の文化、規制、競争要因を認識することが含まれます。中国における B2B マーケティング戦略、課題、機会に関する洞察を得ることで、企業はアプローチを調整し、戦略的パートナーシップを築き、この収益性の高い市場での可能性を最大限に引き出すことができます。

中国における B2B マーケティングには何が含まれますか?

中国における B2B マーケティングは、中国の企業と消費者の独自のニーズを満たします。このアプローチは、主に文化、経済、技術の違いにより、西洋の慣行とは大きく異なります。中国における B2B マーケティングの中心にあるのは、中国文化への深い理解です。これには、現地のビジネス エチケット、コミュニケーション スタイル、意思決定プロセスを理解することが含まれます。中国では、人間関係がビジネス取引において重要な役割を果たしているため、マーケティング担当者は中国側の相手と強い個人的な関係を築き、維持することが不可欠です。

さらに、中国のデジタル環境は非常に独特で、WeChat、Weibo、Baidu などのプラットフォームが WhatsApp、X、Google などの西洋のプラットフォームに取って代わっています。したがって、中国で効果的な B2B マーケティングを行うには、これらのプラットフォームをデジタル マーケティング キャンペーン、オンライン コミュニケーション、市場調査に活用する必要があります。

一方、中国には独自のビジネス法と規制があります。データ保護、広告基準、輸出入規制などの側面を含むこの規制環境を乗り切ることは、中国での B2B マーケティングの重要な要素です。

中国における B2B マーケティング – なぜこれが重要なのか?

中国に拠点を置く企業にマーケティングや販売を行う方法については、中国の大きな可能性から利益を得ようとする海外企業によって延々と議論されています。中国で成功するための秘訣を知っていると主張するビジネスマンの意見が大きく異なることは容易にわかります。ビジネス規範や人々の例外性を誇張しすぎて、中国での販売はあり得ないと考える人もいますが、中国でのマーケティングや販売は「まるで自国と同じ」と言う人もいます。

中国は世界第 2 位の経済大国ですが、このアジアの国が世界最大の経済大国である米国に取って代わろうとする中で、今後数年のうちに状況は変化すると思われます。中国は今後も世界的な成長マシンとしての道を歩み続けることは確実であり、この巨大で複雑な市場に参入する方法を理解することは、B2B 分野の国々にとって非常に重要になっています。

中国におけるB2Bマーケティングのメリットとは

中国で B2B マーケティングに取り組むことのメリットは魅力的であり、成長と国際展開を目指す企業にとって戦略的な動きとなります。主な利点は次のとおりです。

• 市場規模と潜在力: 中国は人口が多く、中流階級が急速に拡大しています。そのため、中国での B2B マーケティングは、広大な消費者基盤へのアクセスと比類のない成長の可能性を提供します。

• 経済成長: 中国経済は着実に成長しており、あらゆる業界の企業にとって魅力的な市場となっています。中国の B2B 市場に参入することで、大きな収益源と事業拡大につながる可能性があります。

• 多様な業界: 中国の多様な産業環境には、テクノロジー、製造、ヘルスケアなどが含まれます。中国における B2B マーケティングの調査によると、この多様性により、B2B コラボレーションやパートナーシップの数多くの機会が生まれます。

• 技術の進歩: 中国は技術革新の最前線にあります。企業は最先端の技術とソリューションを活用して、自社の製品やサービスを強化することができます。

• グローバル輸出ハブ: 中国は世界的な輸出拠点として、企業に生産、流通、貿易のための戦略的な立地を提供します。これは、国際的な志を持つ企業にとって特に有益です。

• 政府の支援: 中国政府は、外国投資と B2B パートナーシップを奨励するために、いくつかの政策と改革を開始しました。これらの支援政策により、中国でのビジネス拠点の設立プロセスが容易になります。

主な観光スポットと都市 

中国で B2B マーケティングに取り組もうとしている企業にとって、これらの場所に関する知識は有利です。中国は、観光客とビジネス旅行者の両方にとって多様な魅力を提供しています。

• 万里の長城: 万里の長城は、中国の象徴的なシンボルであり、毎年何百万人もの観光客が訪れます。B2B マーケティングとは直接関係ないかもしれませんが、ユニークな文化的背景の中でビジネス ネットワーキングやディスカッションを行う機会を提供します。

• 北京: 中国の首都には、紫禁城や天壇など、数多くの歴史的・文化的名所があります。また、多くの国際企業がオフィスを構える主要なビジネス拠点でもあります。

• 上海: 上海は活気に満ちた大都市であり、主要な金融の中心地です。伝統的な中国文化と近代的な高層ビルが融合したこの都市は、ビジネス交流に最適な独特の雰囲気を醸し出しています。

• 杭州: この都市はユネスコ世界遺産の西湖で有名です。杭州はテクノロジーの中心地としても成長しており、ビジネス革新のホットスポットとなっています。

• 香港: 香港は技術的には特別行政区ですが、東洋と西洋が融合したユニークな場所です。香港は世界的な金融の中心地であり、中国市場への玄関口でもあります。

• 成都: 辛い料理と四川オペラの有名な変面演技で知られる成都は、中国西部の各省への玄関口であり、主要都市以外のビジネス環境を探る機会を提供しています。

中国におけるB2Bマーケティングで分析すべき主要産業

中国の多様な経済には、B2B マーケティングにとって魅力的な展望をもたらすいくつかの主要産業が含まれています。ここでは、これらの産業のいくつかを取り上げ、各セクターで大きな進歩を遂げている特定の企業について紹介します。

• テクノロジーとIT: 中国のテクノロジー分野は急速に進化しており、Huawei、Tencent、Alibaba などの企業がその先頭に立っています。この分野で中国で B2B マーケティングに取り組むことで、最先端のソリューション、クラウド サービス、e コマースの機会が生まれます。

• 製造: 中国は世界的な製造大国であり、Foxconn や Midea などの企業が市場を独占しています。調達、製造、または製造業者との提携を希望する企業にとって、この分野は非常にやりがいのある分野です。

• ヘルスケアおよび医薬品: 中国のヘルスケア部門は、中流階級の増加に伴い急速に拡大しています。Alibaba Health や Ping An Healthcare などの企業は遠隔医療や医療技術の先駆者であり、医療機器やヘルスケア IT の分野で B2B の機会を提供しています。

• 再生可能エネルギー: 中国は、Envision Energy や Longi Green Energy などの業界リーダーを擁し、再生可能エネルギーに多額の投資を行っています。この分野での B2B マーケティングは、太陽光、風力、グリーン テクノロジーのパートナーシップにつながる可能性があります。

• 電子商取引: 中国の電子商取引部門は、Alibaba、JD.com、Pinduoduo などの大手企業が独占しています。中国での B2B マーケティングでは、物流、デジタル マーケティング、越境電子商取引におけるコラボレーションの機会を模索できます。

• 自動車: 中国は世界最大の自動車市場であり、BYD や Geely などの企業が台頭しています。中国の自動車分野における B2B マーケティングには、部品、電気自動車、自動運転技術が含まれる場合があります。

• 金融とフィンテック: 中国の金融部門は、Ant Group や Tencent Finance などの企業が主導するフィンテックのイノベーションを急速に取り入れています。決済ソリューション、金融テクノロジー、デジタル バンキング サービスには、B2B マーケティングの機会が豊富にあります。

B2Bで探究すべき主な研究分野 マーケティング 中国で

堅実な調査は成功する戦略の基盤です。したがって、市場、消費者行動、競争を理解するには、効果的な調査方法を採用することが不可欠です。中国で B2B マーケティングを実施する際に考慮すべき主な調査方法は次のとおりです。

• 競合他社の分析: 選択した業界における競合他社の戦略、強み、弱みを調べることは非常に重要です。この分析により機会を発見し、 企業 提供内容を差別化します。

• 消費者行動分析: 中国の B2B 消費者の行動を理解することが重要です。意思決定プロセス、好みのコミュニケーション チャネル、製品の好みなどの要素を分析することで、マーケティング アプローチを形作ることができます。

• データ分析: データ分析ツールを活用して、大量のデータを処理し、傾向を特定し、データに基づいた意思決定を行います。中国の B2B 市場では大量のデータが生成され、この情報を活用することで競争上の優位性を獲得できます。

• 規制コンプライアンス調査: 中国では、さまざまな業界に対して特定の規制があります。ビジネスが法的範囲内で運営されるようにするには、規制状況を調査して理解することが不可欠です。

• 文化的感受性と市場のローカリゼーション: 中国の文化とビジネス慣行は、中国での B2B マーケティングに大きな影響を与える可能性があります。効果的な市場ローカリゼーションには、文化的規範と嗜好を調査することが不可欠です。

• テクノロジーとデータセキュリティ: テクノロジーや電子商取引などの業界では、データセキュリティが最も重要です。サイバーセキュリティ対策と規制を調査することは、 維持する 信頼とコンプライアンス。

中国におけるB2Bマーケティングで分析すべき主要産業

中国の B2B マーケティングでは、成長の可能性、革新性、市場規模において、特定の業界が際立っています。これらの業界とその主要プレーヤーを理解することは、中国でのプレゼンスの確立や拡大を目指す企業にとって貴重な洞察をもたらします。ここでは、これらの極めて重要な業界と各セクターの注目企業をいくつか紹介します。

テクノロジーと通信

  • ファーウェイ: 高度な 5G テクノロジーで知られる、通信およびテクノロジーの世界的リーダー。
  • テンセントインターネット業界の大手企業であるテンセントは、WeChat を含むソーシャル メディアやゲーム プラットフォームで知られています。

電子商取引と小売

  • アリババグループ: 電子商取引の巨人であるアリババは、タオバオやTモールなどのプラットフォームを通じて中国の小売業に革命をもたらしました。
  • JD.com: もう一つの大手電子商取引プラットフォームである JD.com は、迅速な配送サービスと幅広い製品ラインナップで知られています。

金融業務

  • 中国建設銀行: 中国の「4大」銀行の一つで、幅広い金融サービスを提供しています。
  • アントグループ: 決済プラットフォーム Alipay で知られるデジタル金融サービスのリーダー。

エネルギーと環境

  • 中国石油天然気集団(CNPC): 石油・ガス産業の国営大手企業。
  • トリナ・ソーラー: 再生可能エネルギー分野を推進する太陽光発電製品およびソリューションの大手プロバイダー。

ヘルスケアと医薬品

  • シノファームグループ: 医薬品の流通と小売を手掛ける中国最大級のヘルスケアグループ。
  • BGI ゲノミクス: ヘルスケア、研究、農業向けのアプリケーションを提供するゲノミクス企業。

消費財

  • 美的グループ大手電気製品メーカーのMideaは、革新的な家庭用テクノロジーで知られています。
  • 青島ビール工場中国で最も古く、最も有名なビール醸造所の一つで、そのビールは世界的に知られています。

中国でB2Bマーケティングを実施する時期

中国での B2B マーケティングの成功にはタイミングが重要な要素であり、企業は独自の業界やニーズに応じていくつかの要素を考慮する必要があります。

• 業界特有の季節: 中国では、業界によって特定の繁忙期や活動が活発になる時期があります。たとえば、ハイテク業界では主要な技術展示会の前後に需要が急増し、小売業界では旧正月の前後に需要がピークを迎える可能性があります。

• 文化と祝祭の期間: 中国の文化暦を理解することは不可欠です。春節(旧正月)やゴールデンウィークなどの祝祭日は、ビジネス活動が大幅に鈍化する時期です。これらの期間に合わせてマーケティング活動を計画するには、文化的な規範や慣習に対する配慮が必要です。

• 技術の進歩中国はさまざまな技術革新の最前線に立っており、マーケティング活動のタイミングをこれらの進歩と一致させることは有益です。たとえば、新しいソーシャル メディア プラットフォームの人気が高まるときにデジタル マーケティング キャンペーンを開始すると、エンゲージメントを高めることができます。

中国におけるB2Bマーケティング:文化的要因とビジネス慣行 

いくつかの文化的要因とビジネス慣行が、中国における B2B マーケティングに大きな影響を与えます。これには以下が含まれます。

  • 強固な関係を構築し維持することは、中国でビジネスを行う上で極めて重要です。こうしたつながりを育むことで、長期的なパートナーシップ、信頼、貴重なリソースや機会へのアクセスにつながります。これは、業界の専門知識を示し、高品質の製品とサービスを提供し、現地のパートナーや顧客からの支持を得ることで実現できます。
  • デジタル通信チャネルの人気が高まっていますが、中国の B2B 市場では、対面でのやり取りが信頼と信頼関係を築く上で依然として重要な要素となっています。業界イベント、展示会、ネットワーキング機能に参加することで、市場での企業の存在感を大幅に高めることができます。
  • B2B 分野で事業を展開する企業にとって、中国の規制や官僚的な手続きを理解し、遵守することは非常に重要です。これには、必要なライセンス、許可、認証の取得や、政府関係者との関係構築が含まれる場合があります。
  • 現地企業と戦略的パートナーシップを結ぶことで、企業は貴重な市場洞察、確立されたネットワークへのアクセス、潜在的顧客からの信頼性の向上を実現できます。また、こうしたコラボレーションにより、中国市場特有のニーズに応える革新的なソリューションが生まれる可能性もあります。
  • 中国市場への参入を成功させるには、B2B マーケティング担当者は、メッセージングとマーケティング戦略を現地の好みや文化的規範に合わせて調整する必要があります。これには、地域の違いを理解し、母国語のコンテンツを採用し、中国企業の独自のニーズと期待に応えるマーケティング キャンペーンをカスタマイズすることが含まれます。

中国でB2Bマーケティングを実施する方法

中国で B2B マーケティングを効果的に実行するには、定性的手法と定量的手法を組み合わせて、市場を深く理解し、データに基づいた意思決定を行う必要があります。企業がこの複雑な状況を切り抜ける方法は次のとおりです。

  1. 定性的な方法:
    • 市場インタビューとフォーカスグループインタビューやフォーカス グループを通じて業界の専門家、ビジネス リーダー、潜在顧客と直接関わることで、市場動向、消費者の嗜好、文化的なニュアンスに関する貴重な洞察が得られます。
    • ケーススタディと成功事例中国で成功した B2B ベンチャーのケース スタディを分析すると、実用的な教訓と戦略が得られます。この定性的なアプローチは、中国の B2B 環境で何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかを理解するのに役立ちます。
  2. 定量的な方法:
    • 市場調査とアンケート: 広範な市場調査を実施することで、消費者の行動、嗜好、態度に関する大量のデータを収集できます。この定量的なアプローチは、統計分析とトレンドの特定に不可欠です。
    • 競合他社の分析競合他社の市場シェア、成長傾向、ビジネス戦略を定量的に分析することで、ベンチマークを提供し、独自のマーケティング戦略に役立てることができます。

中国のマーケティングトレンド

中国で最も顕著な B2B マーケティングのトレンドは次のとおりです。

  • デジタル変革: 中国における B2B マーケティングは、ビジネス環境の急速なデジタル化の影響を大きく受けています。企業は、顧客との関わり、リードの獲得、販売プロセスの改善のために、ソーシャル メディア、電子商取引プラットフォーム、モバイル アプリケーションなどのデジタル チャネルやツールをますます導入しています。
  • 顧客体験に重点を置く: 中国の B2B 顧客は現在、B2C 取引で経験するものと同様に、よりパーソナライズされた便利な体験を求めています。これにより、より適切なターゲティング、改善された顧客サービス、カスタマイズされたソリューションを通じて、優れた顧客体験を提供することに重点が置かれるようになりました。
  • マーケティングオートメーションとデータ主導の戦略: 急速に変化するビジネス環境に対応するため、中国の B2B マーケティング担当者は、効率性の向上、キャンペーンの最適化、より効果的な結果の追跡を目的としたマーケティング自動化ツールやデータ主導の戦略を導入するケースが増えています。
  • 中国ではニュースフィード広告が増加中Twitter、Facebook、YouTube、Wikipedia などのプラットフォームは、多くの中国ネットユーザーにとってアクセス不可能です。この孤立主義が、前述の WeChat や QQ IM などの中国のソーシャル ネットワークの台頭と爆発的な普及につながりました。専門家はこれらを中国のインスタント メッセージング サービスと呼んでいます。YouTube に相当するのは、YouKu、Tudou、PPTV です。中国には、Sinablog、Blogbus、36kr など、ブログ ホスティング サービスがいくつかあります。Baidu と Tencent は、Google に似たサービスを提供しています。

中国におけるB2Bマーケティングとその機会

  • 市場の成長と需要中国経済が拡大を続け、産業が急速に発展する中、さまざまな分野で高品質の製品やサービスに対する需要が高まっています。これは、企業にとって、中国企業のニーズに応え、成功に貢献できる高度なソリューションと専門知識を提供するチャンスとなります。
  • デジタル変革中国がデジタル技術を採用し、デジタルインフラに多額の投資を行っていることから、企業がデジタルマーケティングチャネルやプラットフォームを活用する大きなチャンスが生まれています。革新的なデジタルマーケティング戦略を採用することで、企業はより幅広いオーディエンスにリーチし、ブランド認知度を高め、より効果的にリードを生み出すことができます。
  • カスタマイズ: 中国企業がより洗練され、より洞察力を持つようになるにつれて、独自のニーズや好みを満たすカスタマイズされたソリューションに対する需要が高まっています。中国市場の特定の要件に合わせて製品やサービスをカスタマイズできる企業は、このトレンドをうまく活用できる立場にあります。
  • 政府の取り組み中国政府は、さまざまな政策やインセンティブを通じて、特定の産業や地域の発展を積極的に推進しています。これらの取り組みに賛同し、政府の支援によって創出された機会を活用する企業は、優遇措置、リソースへのアクセス、競争力の強化などの恩恵を受けることができます。
  • 電子商取引とオンラインマーケットプレイス中国における電子商取引とオンライン B2B マーケットプレイスの台頭は、企業が潜在顧客にリーチし、販売プロセスを合理化し、デジタルプレゼンスを高める機会を提供します。企業はこれらのプラットフォームを活用して顧客基盤を拡大し、オンライン B2B 取引の成長トレンドに乗ることができます。

中国におけるB2Bマーケティングとその課題

中国での B2B マーケティングの潜在的なメリットは大きいですが、企業はこの複雑な市場で直面する可能性のある特有の課題にも注意する必要があります。これらの課題を理解して対処することが成功には不可欠です。乗り越えるべき主なハードルは次のとおりです。

• 文化の違い: 中国には豊かで独特な文化があり、それを理解することは不可欠です。誤解や文化に対する無神経さは、コミュニケーションの失敗やビジネス関係の失敗につながる可能性があります。 

• 言葉の壁: 英語はビジネスで広く話されていますが、主要言語ではありません。言語の壁は、交渉、契約の話し合い、マーケティングコミュニケーションにおいて課題となる可能性があります。翻訳サービスまたは現地の言語サポートが必要になる場合があります。

• 規制の複雑さ: 中国の規制環境は複雑で、変更される可能性があります。ライセンス、許可、現地の法律の遵守を管理するのは困難な場合があります。法律の専門知識や現地のパートナーは、規制の遵守を確実にするのに役立ちます。

• 激しい競争: 中国市場は競争が激しく、国内外の企業が市場シェアを競い合っています。 援助 中国におけるB2Bマーケティングの。

• データのセキュリティとプライバシー: 中国では、データのセキュリティとプライバシーに関する規制が厳しくなっています。企業はこれらの法律を遵守し、データ保護に対する懸念が高まっている中国の顧客の信頼を維持する必要があります。

• 市場の飽和: 業界によっては、市場が類似の製品やサービスで飽和状態になっている場合があります。企業は、差別化を図るために独自の価値提案を見つける必要があります。

• 消費者の嗜好の変化: 中国の消費者の好みは多様で、急速に変化する可能性があります。変化するトレンドや消費者の需要に常に敏感でいることが不可欠です。

• 政治的および地政学的要因: 中国の政治情勢はビジネス運営に影響を及ぼす可能性があります。地政学的緊張は貿易やパートナーシップに影響を及ぼす可能性があります。

• インターネット制限: 中国のインターネットは検閲と制限の対象となっており、オンライン マーケティングやコミュニケーション戦略に影響を及ぼす可能性があります。

中国の電子商取引

中国は世界最大の電子商取引市場であり、この傾向はさらに拡大すると予想されています。アリババのタオバオ、TMall、JD.comなどの国内プラットフォームは、中国の電子商取引分野を支配しています。中国の電子商取引プラットフォームで商品を販売することを目指す米国企業は、中国で強力なプレゼンスを築くか、越境電子商取引を利用して海外から直接商品を販売するかを選択できます。

B2C 市場の 4 分の 3 は、JD.com と TMall の 2 つのプラットフォームに集中している一方、TaoBao は 95 パーセントの市場シェアで C2C 市場をほぼ完全に掌握しています。海外の e コマース プレーヤーはいずれも大きな市場シェアを獲得できなかったため、現地のプラットフォームを利用することが中国のオンライン消費者に直接販売する最も効果的な方法となっています。

中国の官僚的意思決定を理解する

中国政府は、優先分野の成長と国内のイノベーションを推進するために、規制緩和や補助金の形で外国企業と国内企業に積極的に支援を提供している。政府の支援を受けている産業は、省エネと環境保護、新エネルギー、新素材、バイオテクノロジーと医療機器、ハイエンド機器製造、新しいIT技術、クリーンエネルギー自動車などである。

中国でB2Bビジネスを行う際の落とし穴

中国で B2B ビジネスを行う際の最大の落とし穴の 1 つは、中国を 1 つの大きな統合市場としてターゲットにすることです。多くの場合、小規模から始めて、ターゲット市場を慎重に選択し、必要に応じて調整する方がよいでしょう。もう 1 つの落とし穴は、グローバルな「万能」戦略を採用することです。企業は顧客を理解し、中国固有の計画を策定する方がよいでしょう。

中国企業では、マーケティングは西洋市場の企業ほど広く評価されていません。対照的に、中国ではセールスマンシップとセールスマンは高く評価されています。ビジネスエージェントは、初級レベルの中国語を話すことを学ぶことで、信頼関係を築き、敬意を示し、潜在的な顧客に好印象を与えることができます。

中国のビジネス分析は、以下のことを言及しなければ完結しない。 グアンシー中国には個人的なネットワークを活用する習慣があり、ビジネス上の交流が友情に変わったり、友情がビジネス上の交流に変わったりすることがあります。ビジネスマンはまた、大規模なビジネス取引を行う際に、長期的かつ関係重視の視点を取る傾向があります。

中国におけるB2Bマーケティングの展望

中国では急速な経済成長、技術の進歩、ビジネス環境の高度化が続いており、B2B マーケティングの見通しは明るいと言えます。その結果、企業が新たな市場の現実に適応し、新たな機会を活用するにつれて、中国における B2B マーケティングはさらに進化していくでしょう。

中国における B2B マーケティングの成長の重要な原動力の 1 つは、進行中のデジタル変革です。企業がデジタル テクノロジーを採用するにつれて、マーケティングと販売の新たな機会が生まれます。e コマース プラットフォーム、ソーシャル メディア、モバイル アプリケーションの成長は今後も続くと予想されており、B2B マーケティング担当者は潜在顧客にリーチしてリードを生み出すためのチャネルをさらに増やすことができます。

さらに、顧客体験への重点は今後さらに顕著になるでしょう。中国の B2B 顧客がより識別力を持つようになるにつれて、マーケティング担当者は顧客の期待を満たすかそれを上回る、パーソナライズされた便利でシームレスな体験を提供するための革新的な方法を見つける必要があります。

さらに、中国の B2B マーケティング担当者が効率性の向上とキャンペーンの最適化の方法を模索する中、マーケティング自動化とデータ主導の戦略の採用が増加すると予想されます。データと分析を活用することで、マーケティング担当者は顧客をより深く理解し、マーケティング活動をより効果的に調整し、キャンペーンの結果をより正確に追跡することができます。

中国における B2B マーケティングは、西洋のマーケティングとは異なります。中国の B2B 市場への参入は容易ではありませんが、克服できない課題ではありません。企業は、現地の文化をより深く理解し、ビジネス関係を重視し、顧客のニーズを理解し、長期的な視点を念頭に置くことで、中国で自社の製品やサービスを成功裏に販売することができます。

SISインターナショナルについて

SISインターナショナルは定量、定性、戦略リサーチを提供します。意思決定のためのデータ、ツール、戦略、レポート、洞察を提供します。インタビュー、調査、フォーカス・グループ、その他多くの市場調査手法やアプローチを実施します。次のマーケットリサーチプロジェクトは、ぜひ弊社にご相談ください。