[email protected]

避妊分野の概要

SISインターナショナル

避妊薬市場は、避妊または性交時の予防に使用されるすべての製品で構成され、経口、化学、バリア、ホルモンなどの形態が含まれます。

現在、女性人口の約63.1%が避妊具を使用しています。避妊具の普及率に関しては先進国では67.4%と高い割合を示しており、予想通り発展途上国では62.4%と低い普及率となっています。[2]

妊娠可能な女性の間で、性的に活動的でありながら妊娠したくないという傾向が高まっていることと、国際機関、特に国連(UN)の間で、女性に望まない妊娠を防ぐ方法を教育する運動が活発化していることから、市場は成長を続けています。望まない妊娠は、人口の急激な増加につながることが多く、貧困率の上昇、初等教育レベルの低下、乳幼児死亡率と妊産婦死亡率の上昇につながります。

この高い人口増加は、国連のミレニアム開発目標の達成に対する障害であると考えられています。[3] 高い出生率と意図しない妊娠の問題に対処するために避妊具への資金が増加する可能性があり、これにより特に発展途上国で避妊具の需要が増加するでしょう。[4]

北米

  • 4020万人の女性のうち68.6%
  • 北米では約121万人の女性がペッサリー、スポンジ、膣コンドームなどの膣バリア避妊具を使用しています。[6]
  • ガットマッハー研究所の報告によると、米国には3,811万人の女性避妊者がおり、そのうち0.3%、つまり0.11万人が子宮内避妊具を使用しているとのことです。[7]

ラテンアメリカ

  • 8,844万人の女性のうち64%人が避妊具を使用している
  • 5,660万人の女性が避妊具を常時使用している
  • 約265万人がペッサリー、スポンジ、膣コンドームなどの膣バリア避妊具を使用している[8]

アジア

  • アジアの女性7億5067万人のうち6171万人が避妊薬を使用している
  • 300万人の女性がペッサリーなどの膣バリア法を使用している

ヨーロッパ

  • 9676万人の女性人口のうち52.5%が避妊具を使用している
  • 膣バリア法を使用している58万人

アフリカ

  • 1億4,811万人の女性のうち21.4%が避妊具を使用している
  • 74万人の女性が膣バリア法による避妊を行っている[9]

ソース:

  • [1] http://www.isria.info
  • [2] http://www.isria.info
  • [3] 国連世界避妊使用状況2007
  • [4] http://www.un.org/esa/population/publications/contraceptive2007/contraceptive2007.htm

自信を持ってグローバルに展開しましょう。今すぐ SIS International にお問い合わせください。

専門家に相談する