エクスペリエンス誌による新しい調査では、ジェネレーション Y はキャリアで成功するために必要なスキルについてよくわかっていないことがわかりました。この調査では、雇用主とジェネレーション Y の両方の考えを調査しました。エクスペリエンス誌によると、ジェネレーション Y の回答者の 54% は、雇用主が望ましいと考えるスキルが正確にはわかっていませんでした。

しかし、Y世代の回答者の多くは、雇用主が求める必要なスキルが不足しているわけではないと感じていました。この楽観的な見方は、雇用主がY世代には重要なスキルが欠けていると考えている現実とは対照的です。雇用主は、Y世代の回答者の97%がスキル不足を是正するために行動を起こすという調査結果に自信を持つことができます。