化学品市場調査

化学品市場調査と戦略

化学業界の急速な革新と進歩の原動力は何だろうと考えたことはありますか? 化学製品の市場調査は、企業が化学業界の成長、革新、持続可能性について情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。実際、この市場調査は化学業界で成功するために不可欠です。最新の情報がなければ、繁栄し、競合他社より目立つことは難しいからです。

化学産業は原材料を何万もの製品に変換します。

これらの製品には、農薬、油脂、石油化学製品があります。また、ポリマー、セラミック、ゴム、爆薬、香料、芳香剤も含まれます。消費者が使用する製品は少数ですが、そのほとんどは他の製品の製造に使用されます。 

化学産業は世界経済にとって極めて重要です。 この業界は、工業製造業の中で最も急速に成長している部門の 1 つです。他の多くの業界と同様に、現在、製造業のアジアへの移転に対応しています。今日、この業界は規制と競争の激化に直面しています。

市場調査は、意思決定と競争上の優位性のための洞察を提供します。樹脂、ポリマー、殺虫剤、塗料、肥料、自動車用化学薬品、洗浄溶剤などにも大きなチャンスが存在します。大手化学メーカーは、SIS International Research のハイブリッドな調査アプローチと世界的な調査範囲に注目しています。

化学品市場調査が重要な理由は何ですか?

化学品市場調査は、企業が購買プロセスを理解するのに役立ちます。顧客は製品を購入する前にこのプロセスを経ます。営業担当者が顧客の購買プロセスを理解することは不可欠です。ほとんどの B2B 顧客は、問題やニーズを認識することから始まります。次に情報を検索し、代替案を確認します。その後、購入を決定します。企業がプロセスを理解すると、それに応じて販売戦略を調整できます。これらの企業は、最終段階である購入後の行動にも注意を払う必要があります。この段階では、顧客は製品を以前の期待と比較します。あなたの製品は顧客のニーズを満たすか、不満を残すかのどちらかになります。

詳細な調査を通じて、企業は特定のニーズを特定し、自社製品を世界舞台で効果的に位置付けることができます。ただし、化学業界には、次のような他の多くの利点があります。

• 精密ターゲティング: 化学品市場調査を通じて、企業は最も大きな可能性を秘めた正確な人口統計とセクターを特定できます。これにより、企業は製品の提供を革新し、適応させ、強化することができ、企業の製品ポートフォリオが常に新鮮で関連性のあるものになることが保証されます。

• 競争力: 化学品市場調査は、競合他社の動向に関する洞察を企業に提供し、競争上の優位性をもたらします。市場の動向と消費者の嗜好を理解することで、企業は戦略を練り、一歩先を行くことができます。

• 持続可能性とコンプライアンス: 化学業界では、環境問題と規制要件が最も重要です。市場調査により、企業は規制の変更や持続可能性の実践の進化に関する最新情報を入手し、コンプライアンスと社会的責任の維持を確保できます。

化学品市場調査には、顧客インサイト、競合分析、サプライ チェーン、業界動向、トレンド追跡が含まれます。当社の市場情報レポートは、市場で競争上の優位性を維持するためにクライアントが必要とする重要な情報を提供します。競合分析とプロファイリングの調査は、企業の競争上の強みと弱みをさらに特定します。SIS 市場評価調査は、市場の機会、規模、実現可能性を明らかにします。

化学品市場調査

バイヤーリサーチ

化学業界はバイヤー中心の市場です。業界の活動の多くでバイヤーが中心になります。業界の関係者は、バイヤーが誰で、何を求め、どのように意思決定するかを理解する必要があります。この知識は、収益チェーンのいくつかの指標に影響を与える可能性があります。バイヤー調査は、これらすべての質問に答えることができます。バイヤーを理解することに成功している化学会社はほとんどありません。しかし、バイヤー調査はビジネスに大きな影響を与える可能性があります。

ディストリビューター調査とチャネル情報

販売チャネルは、消費者が購入できるように製品を市場に投入する方法です。チャネルは、サプライヤーと顧客を結ぶ重要なリンクを形成します。配送のスピードと流通範囲は、この市場における重要な成長要因です。SIS International Research は、業界関係者が販売チャネルを改善できるよう支援します。この開発は、流通プロセスにプラスの影響を与えます。

意思決定者調査

販売サイクルで最も難しいのは、取引を成立させることです。だからこそ、確立された専門家ネットワークを持つことが非常に重要です。主要な意思決定者を特定し、彼らとつながる能力は、正確な科学ではありません。SIS International は、化学品市場の多くの主要企業と専門家としてのつながりを持っています。当社は意思決定者調査を行っており、企業は販売を行う際に誰と話をすればよいかを知ることができます。

市場調査を行う際、私たちは購買の意思決定者、マネージャー、バイヤーと話します。エンジニアや監督者とも話をしました。私たちは主要な意思決定者をターゲットにしています。製品やサービスを購入する権限のない人に販売しようとしても意味がありません。パーソナル アシスタント、受付係、その他の従業員は、マネージャーを営業電話から守ることがよくあります。私たちはゲートキーパーとコミュニケーションを取り、意思決定者にアプローチする方法を知っています。

フォーカス・グループ

当社が使用する主な調査方法の 1 つは、フォーカス グループです。これらのグループは、製品の価格設定に関する重要な情報を特定できます。また、製品の機能の有効性も教えてくれます。また、顧客が製品をどのように使用しているかを把握するために、消費者インタビューも使用します。3 つ目の方法は、アンケート調査です。この方法は、全体像に関する貴重な洞察を提供します。競合分析は最後の方法です。これは、競合他社が何をしているかを調べるための基本的なアプローチです。競合他社が経済的な健全性にどのような脅威を与えているかもわかります。

研究と戦略を通じて付加価値を創出

当社は、世界的な需要、変化する傾向、戦略的提携などの問題を継続的に分析しています。当社の幅広い調査範囲により、お客様に最高の戦略的情報を提供します。サプライ チェーンに沿って CEO からエンド ユーザーまで、あらゆる人々を対象に調査とインタビューを実施し、確かなデータと重要な情報を入手しています。企業イメージ調査と定量的ブランド イメージ調査により、主要な強みと問題領域を特定します。当社の包括的な化学品マーケティング調査アプローチにより、お客様のポジショニングが最終的に強化されます。

化学品市場調査における新たなトレンドの影響

化学業界は停滞しているわけではありません。技術の進歩、消費者の需要、環境への配慮によって進化しています。化学品市場調査が、これらの新たなトレンドにどのように光を当てているかを見てみましょう。

• グリーンケミストリー: 持続可能性が世界的に議論される中、化学品市場調査ではグリーンケミストリーへの顕著な移行が浮き彫りになっています。企業は、環境への影響を軽減し、使用と廃棄の両方において安全な化学物質の開発にますます重点を置いています。

• デジタル化とAI: 化学品市場調査では、化学プロセスの最適化、品質管理の確保、市場需要の予測のために AI やビッグデータなどのテクノロジーを活用することへの関心が高まっていることが明らかになっています。これらのテクノロジーは、企業が化学品の生産と流通に取り組む方法に革命をもたらしています。

• 生分解性製品の需要: 持続可能性に合わせて、生分解性化学製品の需要が高まっています。市場調査が示唆するように、業界も消費者も、使用後に環境に害を与えないソリューションを選択しています。

化学品市場の主要プレーヤー

化学品の世界は広大で、少数の影響力のある企業がその市場を独占し、市場の動向に大きく貢献しています。 

• BASF SE: BASF は化学分野の大手企業です。その多様なポートフォリオは、化学薬品、材料、産業ソリューションなどに及びます。 

• ダウ社: ダウ社は、大手材料科学企業として独自の地位を確立しています。特殊化学製品に関する同社の専門知識は、化学品市場調査で頻繁に取り上げられ、化学業界の軌跡に同社が及ぼす大きな影響を示しています。

• シノペック: 中国の化学大手、シノペックは、世界的に注目される企業です。精製、探査、化学品生産の幅広い分野に手を広げ、化学品市場調査で目立つ存在となっています。最新技術と化学プロセスを統合する同社のアプローチは注目に値します。

• サビック: サウジアラビアに拠点を置くSABICは、革新的なプラスチックと多様な化学製品を提供しており、中東の化学市場における主要企業です。市場調査では、同社の石油化学分野への貢献と、持続可能なソリューションに対する先進的なアプローチが強調されています。

企業向け化学品市場調査の機会

化学品市場調査からの洞察を活用して化学業界をナビゲートすることで、 役立つ 企業は次のような新たな機会を発見します。 

• 需要と供給のギャップ分析: 市場調査により、需要が供給を上回っている地域や分野を正確に特定し、企業に明確な参入ポイントを提供できます。 

• 持続可能性とグリーンケミストリー: 世界が持続可能な未来に向かって進む中、化学品市場調査では、環境に優しく持続可能な化学品の堅調な市場が明らかになりました。バイオベースのポリマーから化学リサイクルまで、企業はこれらの新興分野でありながら急速に成長している分野に参入することができます。

• デジタルトランスフォーメーション: AI、IoT、データ分析の統合により、化学品生産に革命が起こっています。市場調査によると、デジタル ソリューションを導入している企業は、効率性の向上、無駄の削減、より機敏な運用を実現しています。

• 特殊化学品: 化粧品、電子機器、先進製造業などのニッチな分野では、ニーズに合わせた特殊化学品が求められています。市場調査から得られる洞察は、企業をこれらの高利益率の分野へと導くことができます。

• 規制コンプライアンスと認証: 特に危険な化学物質や環境への影響に関する規制が厳しくなるにつれ、積極的に世界基準に準拠する企業が目立っています。化学物質の市場調査は、こうした変化する規制環境に関する洞察を提供し、企業が変化を予測して有利な立場に立つことを可能にします。

• 消費者主導の変化: 情報に通じた消費者層は、透明性と環境への配慮をますます求めています。調査により、バイオベースの製品、リサイクルされたパッケージ、動物実験をしていない配合など、新たな消費者動向にスポットライトを当てることができ、企業の製品開発の指針となります。

化学品市場調査の課題

化学品市場調査は化学業界における無数のチャンスを包括的に明らかにしますが、企業が直面しなければならない差し迫った課題、つまり化学業界の課題に対する解決策を見つける必要があることに留意することが重要です。

• サプライチェーンの混乱: 地政学的緊張やパンデミックなど、世界的な出来事は綿密に練られた計画を混乱させる可能性があります。化学品市場の調査では、特に原材料の調達が特定の地域に集中する可能性がある化学業界において、拡張されたサプライチェーンの脆弱性が一貫して強調されてきました。

• イノベーションのボトルネック: 化学業界はイノベーションによって成長しています。しかし、市場調査によると、企業は研究開発プロセスに機敏性を取り入れることに苦労することが多いようです。新しい化学物質、技術、またはアプリケーションが発見されるペースは、企業の適応能力を上回ることがよくあります。

• 環境への懸念: 化学物質の生産と廃棄が環境に与える影響に対する監視が強化されています。市場調査では、環境に優しい代替品や持続可能な慣行に対する需要が高まっていることが示されており、これは従来の方法論に固執する企業にとって課題となっています。

• 消費者の不信: 情報へのアクセスが増えるにつれ、消費者は日常の製品における化学物質の使用についてこれまで以上に懐疑的になっています。市場調査が明らかにしているように、企業は、特に歴史的に疑いの目で見られてきた化学物質に関して、自社製品の安全性と利点について消費者に保証するという困難な戦いに直面しています。

化学品市場調査の将来展望

化学品市場調査の道のりは複雑です。紆余曲折があり、課題もありますが、最後にはこの業界の将来の可能性を示す光があります。化学品市場調査から得た洞察を基に、将来を予測してみましょう。

• グリーンケミストリーと持続可能性: 環境問題が世界的に話題になるにつれ、化学品市場調査ではグリーンケミストリーへの傾向が予測されています。 循環型経済は業界を形成し、環境に優しい化学代替品の開発と主流化につながります。 

• パーソナライズされたソリューション: 化粧品、ヘルスケア、食品などの分野でカスタマイズされたソリューションの需要が高まる中、この市場調査では化学業界で大量生産から大量カスタマイズへの移行が予測されています。この移行には革新的な技術と最終消費者の好みに対する深い理解が必要になります。

• 共同イノベーション: 化学業界の複雑さと課題は、コラボレーションへの道を開く可能性があります。化学品市場調査では、業界の大手企業、新興企業、学術機関の間でパートナーシップが拡大し、イノベーションの共有エコシステムが育まれると予測されています。

• 新興市場が主導権を握る: 歴史的に、化学部門は西洋市場が支配してきましたが、市場調査では、特にアジアの新興市場が中心的役割を果たすと予測されています。新興市場では、中流階級の急成長とインフラ開発が相まって、大きな利益を生む機会が生まれています。

• 消費者エンゲージメントの向上: 他の業界を参考にして、化学品市場調査では、 企業が関与する 消費者に化学製品の利点と安全性についてより積極的に教育することで、信頼のギャップを埋め、ブランドへの忠誠心を育むことができます。

化学部門

SIS は化学産業のさまざまな分野で研究と戦略を行っています。

  • 接着剤

  • 溶剤

  • ガス

  • 活性炭

  • 農薬:除草剤

  • 殺虫剤

  • 殺菌剤

  • ケイ素

  • ソーダ灰

  • 重炭酸ナトリウム

  • ガス吸収

  • 水素化分解技術

  • 香料・香料化学品

  • 石油化学製品

  • ポリエチレン

  • 触媒

  • 塩素

  • コーティング

  • エポキシ

  • 塗料

  • 掘削泥水

  • 石油掘削装置

  • 化学物質輸送

  • 化粧品化学品

  • 抗酸化物質

  • 油脂化学品

  • 水処理薬品

  • ゴム

  • 定量ポンプ

  • 希少オイル

  • 溶存酸素

  • 難燃剤

  • アセトン

  • フェノール

  • シーラント

  • 消毒剤と殺菌剤

  • 潤滑剤

化学市場調査会社