一次市場調査

SIS International は、フルサービスのカスタム グローバル市場調査および市場情報会社として、さまざまな主要な市場調査手法を採用しています。

SIS は、まずクライアントとコミュニケーションを取り、ソリューションを考案します。私たちはクライアントと協力して、ソリューションが適切かつ信頼できるものであることを確認します。私たちは 40 年以上の経験に基づいて効率的に調査を実施し、クライアントを調査の進行に関与させます。私たちは、クライアントの調査の価値を最大限に高めるために、プロジェクト後のサービスのオプションとともに、高度な戦略的分析とレポートを提供します。

  • 分析と統計
  • CATI 電話調査
  • ダイレクトメール
  • 民族誌学 / 家庭訪問 / 現地インタビュー
  • 対面インタビュー / 店舗訪問 / ショッピングモール訪問 / 中央ロケーションテスト
  • フォーカス・グループ
  • SIS グローバル エキスパート ネットワーク
  • 詳細なインタビュー
  • モバイルマーケティングリサーチ
  • SIS Netnography™ / ウェブ解析
  • ニューロマーケティング研究
  • オンラインチャッタートラッキング
  • オンラインアンケート
  • オンラインフォーカスグループ / オンライン掲示板 / オンライン日記
  • パネルとデータベース
  • ビデオ民族誌
  • オンライン インサイト コミュニティ (MROC)

一次研究とは何ですか?

一次調査では、以前に収集されたデータに頼るのではなく、ソースから直接、最新のオリジナルデータを収集します。この調査は、企業や研究者が回答を希望する質問に合わせてカスタマイズされます。既存のデータを再利用する二次調査とは異なり、一次調査では、対処する特定の状況や問題に直接関連する洞察が提供されます。 

どうしてそれが重要ですか?

一次調査により、情報は固有のニーズや質問に合わせて特別に設計されます。一般的なデータとは異なり、これらの洞察はビジネスの目的や質問に直接応えます。 

他社がアクセスできないデータを入手することで、市場で独自のニッチとチャンスを開拓できるため、競合他社に対抗できる新鮮なデータが提供されます。さらに、企業は顧客心理を深く掘り下げて、顧客のニーズ、好み、問題点をソースから理解できるようになります。このような直接的な知識は、顧客中心の戦略を大幅に強化できます。

しかし、次のような利点もあります。 

• 偏りのないデータ収集: 一次調査により、企業は既存の偏見や解釈を抜きにして、直接データを収集できます。これにより、対象を理解するためのまっさらな状態が提供されます。

• 柔軟性: この調査により、企業はデータを収集しながらアプローチを転換したり修正したりすることができます。特定の質問で有用な洞察が得られない場合は、リアルタイムで変更したり改良したりできます。

• 専有情報: 一次調査の調査結果は、調査を委託した組織にのみ帰属します。この独自のデータは競争上の優位性をもたらし、競合他社が予期しない戦略を可能にします。

• 信頼性の創出: オリジナルデータは、特に業界内で思想的リーダーとしての地位を確立しようとしている企業にとって、企業の信頼性を高めることができます。

• 費用対効果: このタイプの調査は、二次調査に比べて初期コストが高くなる可能性がありますが、長期的な ROI は相当なものになる可能性があります。カスタマイズされた洞察は、より効果的な戦略につながり、一般化されたデータや古いデータに基づくコストのかかる失敗を防ぐことができます。

• リスク削減: 新製品を発売したり、新しい市場に参入したりする前に、一次調査を行うことで、潜在的な成功を評価し、リスクを軽減するための重要な情報が得られます。

• 革新的な機会: 市場のギャップを特定することで、企業は他の方法では明らかにならなかった革新的なアイデアや機会を発見することができます。

• 多様なデータ収集方法: 企業は、従来のインタビューやアンケートの他に、ソーシャル メディア、ウェアラブル テクノロジー、IoT デバイスを主要なデータのソースとして活用できます。

一次研究における新たな動向

ビジネスの世界とテクノロジーが進化するにつれて、研究ではこれらの変化を取り入れ、情報の収集方法と解釈方法を形作る最新のトレンドを理解する必要があります。 

• 先進技術の統合: 人工知能 (AI) と機械学習 (ML) を研究に取り入れることで、データの収集、分析、解釈が強化されます。これらのツールはパターンを予測し、従来の方法よりも効率的に膨大なデータセットを解釈することができます。

• 研究における仮想現実 (VR) と拡張現実 (AR) : 特に製品テストや店舗レイアウトの評価では、VR および AR ツールが一次調査の現場を変革し、回答者により没入感のある体験を提供しています。

• 縦断的研究: 一回限りの調査ではスナップショットが提供されますが、一次研究では、同じ回答者グループを追跡して時間の経過に伴う変化に関する洞察を提供する長期研究への傾向が高まっています。

• リアルタイム分析: 企業が即時の洞察を求めるにつれて、主要な研究領域はリアルタイム分析を提供し、即時の意思決定を可能にする方向にシフトしています。

一次調査: ケーススタディ

LEGO – 伝説のブランドの再構築

2000 年代初頭、レゴは売上が落ち込み、倒産の危機に瀕していました。そこでレゴは、市場動向だけに頼るのではなく、ファンに目を向けました。熱心なユーザー コミュニティと関わり、熱心なユーザーから直接意見を集めるためにコンベンションやミーティングを開催するなど、一次調査を開始しました。

LEGO は、これらのファンがブランドに対して深い感情的なつながりを持っていることを発見し、LEGO セットの好きな点についての洞察を提供しました。また、年配の愛好家向けのより複雑なセットの需要があることもわかりました。

その結果、この基礎研究は、レゴ テクニックやレゴ アーキテクチャー シリーズのような高度なモデルの導入につながりました。同社はまた、ファン デザイナーと協力して新製品を開発しました。 

一次研究の課題

一次調査にはさまざまな課題が伴います。この道に踏み出そうとしている企業は、調査環境を効果的に乗り切るために、次のような潜在的な落とし穴に注意する必要があります。

• コストへの影響: オリジナルの調査を設計、実施、分析するために必要なリソースのため、二次調査よりもコストがかかる場合があります。コストは、専門家の雇用から適切なツールの入手、参加者への支払いまで多岐にわたります。

• 時間がかかる: データを直接収集するのは時間のかかるプロセスです。研究の概念化からデータの収集、分析までには長い期間を要する場合があります。

• 偏見のリスク: 慎重に計画しなければ、一次調査でバイアスが生じる可能性があります。バイアスは、質問の言い回し、参加者の人口統計、さらには調査が実施される環境から生じる可能性があります。

• データ過負荷: データが多すぎると分析麻痺に陥り、データを精査して有意義な結論を導き出すことが困難になるリスクがあります。

• 限定された範囲: より広い視点を提供できる二次調査とは異なり、調査は特定の問題に焦点を絞りすぎて、全体像を見逃してしまう可能性がある場合があります。

• 参加者の信頼性の確保: 特にオンライン調査やデジタル方式では、参加者が本物であり、外部要因の影響を受けていないことを確認することが困難な場合があります。

• 外部要因への依存: 政治的出来事、自然災害、世界的パンデミックなどの外部要因は、研究プロセスとその結果に大きな影響を与える可能性があります。

SISインターナショナルについて

SISインターナショナルは定量、定性、戦略リサーチを提供します。意思決定のためのデータ、ツール、戦略、レポート、洞察を提供します。インタビュー、調査、フォーカス・グループ、その他多くの市場調査手法やアプローチを実施します。次のマーケットリサーチプロジェクトは、ぜひ弊社にご相談ください。