[email protected]

オムニチャネル市場調査

オムニチャネル市場調査

SIS 国際市場調査と戦略オムニチャネルとは、消費者が利用できるさまざまなショッピング方法 (オンライン、店舗、電話など) を統合する電子商取引と小売のバリュー チェーンを指します。

オムニチャネル販売者の取引の 80% はオフラインで発生します。オムニチャネル販売は商取引に対する統合アプローチです。これにより、買い物客はオフライン チャネルとオンライン チャネル全体で統一されたエクスペリエンスを得ることができます。

「オムニチャネル マーケティング」という言葉は、重大な変化を示唆しています。企業は今や、チャネルやデバイスに関係なく、一貫したエクスペリエンスを提供する必要があります。オムニチャネル戦略のベスト プラクティスでは、ビジネス マネージャーが顧客の立場に立つことを推奨しています。利用可能なすべてのチャネルを介してやり取りすることで、エクスペリエンスをテストし、最適化する必要があります。注文のしやすさ、使いやすさ、Web サイトの使いやすさ、カスタマー サービスの有効性など、さまざまなことを理解する必要があります。

人々は 1 つの取引に複数のデバイスを使用しています。たとえば、購入者は仕事帰りにモバイル デバイスから店舗のショッピング カートに靴を入れることがあります。顧客は自宅のラップトップから取引を完了することを選択するかもしれません。オムニチャネル戦略は、購入者がコンピューターからログインしたときに靴がショッピング カートに入っているという新しい機会を生み出します。

オムニチャネルとマルチチャネルの違いは何ですか?

マルチチャネル戦略を採用している企業は、各チャネルのパフォーマンスを最大化しようとします。各チャネルに重点を置いた「スイムレーン」に組織を構成します。 それぞれのチャネルには構造と収益目標があります。 オムニチャネル アプローチは、その逆です。企業構造ではなく顧客を戦略の中心に据えます。顧客が複数のチャネルを同時に使用する場合があることを認識します。たとえば、顧客は店内でモバイル デバイスでレビューを確認する場合があります。このアクションは、製品を購入するかどうかの判断に役立ちます。

デジタルの台頭

あらゆる業界の企業が、デジタルの世界に適応する方法を検討しています。企業は、より多くのデジタル製品を生み出したいと考えています。より多くのデジタル機能を構築したいと考えており、「デジタルファースト」の組織になりたいと考えています。経営者は、他のチャネルも依然として重要であることを念頭に置く必要があります。

デジタルのみを利用する消費者の数は、2012 年以降 2 倍に増えています。現在、その数は全消費者のほぼ半数に達しています。デジタル エンゲージメントの高まりとともに、オムニチャネル エクスペリエンスが注目を集めています。銀行業界は、金融取引に新たな標準が生まれていることを実感しています。物理的な支店の利用は、依然として必要ですが、減少しています。

新しい科学技術

企業は現在、新しいテクノロジーのメリットを認識しています。これらのテクノロジーには、3D プリント、仮想現実、モノのインターネットが含まれます。これらの新しいテクノロジーは、オムニチャネル戦略をサポートします。企業が保有する消費者データにアクセスして開発する方法を研究する上で、これらのテクノロジーは貴重です。企業は、B2B 電子商取引で仮想現実のより実用的なアプリケーションを使用しています。これらのアプリケーションは、製品へのエンゲージメントを合理化し、強化する効果的な方法を提供します。また、セルフサービス戦略を支援し、販売コストを削減します。

ビッグ データにより、企業は収集した情報に基づいて顧客が目にするものを優先し、収益と顧客満足度を最適化できます。ビッグ データにより、企業は販売プロセスをより効率的かつ合理化できます。

小売業者は、オムニチャネルをサポートする新しいテクノロジーを使用して売上を向上させることができます。これらのテクノロジーは、よりターゲットを絞った、効率的で測定可能なソリューションの開発に役立ちます。デジタル対応の消費者は通常、複数のチャネルにアクセスします。彼らは、コンピューター、スマートフォン、または直接、オンラインまたは店舗で買い物をします。店舗のすべてのチャネルを、単一のブランドからの単一のショッピング体験として見なすことを選択します。

企業がオムニチャネル市場調査を活用して最適化する必要があるのはなぜですか?

テクノロジーは小売業界に混乱をもたらしました。消費者はもはや単一のショッピング タイプやブランドに忠実ではありません。特定のカテゴリのサイトに行く前にマーケットプレイスを閲覧することがあります。あるいは、実店舗でモバイル デバイスを使用して購入します。メッセージングとエクスペリエンスを一致させることで、顧客満足度とブランドの利点を強化できます。ビッグ データを使用してカスタマー エクスペリエンスを最適化することで、 オムニチャネル戦略は、顧客の忠誠心、満足度、収益を高めることができます。   

企業はオムニチャネルを研究する必要があります。多くの消費者が、チャネル間で一貫した体験を期待しているからです。顧客は、明確なメッセージで、対面、オンライン、モバイルで買い物ができることを期待しています。また、店舗を訪れる前に製品レビューを利用し、YouTube のビデオレビューを参照することもあります。オムニチャネル エクスペリエンスを最適化すると、顧客ロイヤルティ、エンゲージメント、市場シェアの向上、ウォレット シェア、口コミ (WOM) マーケティングのメリットの増加、収益性の向上などのメリットが得られます。

SISについて

SISインターナショナルリサーチはオムニチャネル市場調査のリーダーです。 顧客調査 そして 戦略リサーチ 急速に変化する業界でお客様に競争上の優位性を提供するためのソリューションを提供します。当社の主な手法には、オンライン コミュニティ、オンライン ビデオ インタビュー、フォーカス グループ、調査、顧客インタビュー、競合分析などがあります。

自信を持ってグローバルに展開しましょう。今すぐ SIS International にお問い合わせください。

専門家に相談する