ガルフ・ビジネス誌6月号で、「リーディング・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」のエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼COOのウェルフ・エベリング氏は、ドバイの5つ星ホテルの数が爆発的に増加している一方で、次に来るのは格安ホテルの波であると述べています。

同時に、EMAARグループは「社会住宅」会社の買収を予定しており、低所得者向けの手頃な住宅ユニットを設立した。同グループは中東と東南アジア全域で事業を展開する計画だ。

これらの展開は、確かに臨界レベルではないものの、低予算の宿泊施設や観光業へと向かう新たな傾向を示しているようです。現状では、ドバイの 5 つ星ホテルの数は、低予算のホテルの数とは対照的に多くなっています。低予算のホテルや住宅は、ドバイ体験の一部になりたいが、手頃な価格で行きたいと考えている観光客や労働者の大きな需要に応えるものと思われます。