コムスコアの調査によると、 オンラインゲームは2008年に急速に成長した 景気低迷のためです。オンライン ゲーム業界は、ラスベガス、リノ、アトランティック シティの実店舗カジノへの高額な旅行の代替として位置付けられており、広告収入からも利益を得ることができます。当社の調査によると、実店舗のゲーム業界は景気低迷で苦戦しています。

オンラインゲーム市場規模

2008年の成長率: 前年比27%

2008年の市場規模: 8,600万人

2007年の市場規模: 6,700万人

出典: comScore

トップギャンブルサイト(comScore)

  1. Yahoo Games (20% 成長)
  2. EAスポーツ(21%成長)
  3. ディズニーゲームズ(13%成長)

ComScore 調査のハイライト

Spil Games という会社では、1 年間でプレイヤー数が 269% 増加しました。

ギャンブルに費やされる時間がインターネット利用時間全体のうち占める割合は、昨年の 3.7 から現在は 4.9% に増加しています。カジノではなくオンラインを利用する顧客が増え、それらのサイトで過ごす時間も増えているため、オンライン サイトは不況にもかかわらずプラス成長の状況にあるようです。

SISインターナショナルマーケットリサーチによるブリックアンドモルタルインサイト

ギャンブル業界は景気低迷で打撃を受けています。ラスベガスでは、ルクソールのような一流ホテルが日曜日から木曜日まで、$49.95(必須の電話料金を含む)という低価格で、何の条件もつけずに提供しています。ストラトスフィアは、$35 前後の料金を提供しています。彼らの戦略は、部屋を埋めること(4000 部屋を埋める予定)と、その他の高額料金(例:$5 ATM 料金、$3 ボトル入り水、$10 カクテル、$65 ショー)を活用することです。

ラスベガスの多くの人々は、観光客が来なくなったことを非常に心配しています。雇用と収入の大きな源である会議が停滞しています。好景気のときには価格が天文学的に高騰していたため、ラスベガスの価格は高すぎるのではないかと心配する人も多くいます。カジノ内のレストランは、メイン料理 1 品につき $28 ~ $50 で、ビュッフェは $21 です。クリス エンジェルのマジック ショーは $65 以上で、ブロードウェイの価格と同じです。価格が調整されるかどうか、人々は心配しています。

ラスベガス出身の人物は、不動産バブルに手を出した地元民や、ホスピタリティ業界で働いていた地元民が、ラスベガスを去ったと指摘した。これはドバイの状況と似ており、ドバイでは外国人労働者がドバイ国際空港に殺到し、レンタカーにコーヒーを入れたまま置き去りにし、二度と戻ってこず、借金から逃れてインド、パキスタン、フィリピン、ヨーロッパへと帰った。

割引に誘われてやって来た人達でさえ、お金を使わない人達が多い。高級レストランは空っぽだが、ビュッフェやフードコートは満員だ。安いスポーツバーは、流行の革張りの椅子のあるバーよりも好調だ。キャバレーもほぼ空っぽで、従業員はより多くの顧客を引き付けるために「無料カクテル」クーポンを配らなければならない。

観光業、実店舗でのギャンブル、不動産業に大きく依存しているラスベガスは、経済的な苦境に直面している。